離婚について

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

驚き?!離婚理由ランキング〜男性編・女性編〜

いまや、3割の夫婦が離婚する時代。

離婚をするにも、それぞれの家庭の事情があるかと思いますが、
今回は離婚をする理由をランキングしてみました。

まずは女性編です!

女性1位 性格の不一致

堂々の第一位は、性格の不一致です。

性格の不一致は男性のランキングでも1位となっており、
価値観は結婚生活では重要であることが見えてきます。

一緒に生活していると、「こんな人だったの?!」ということが多々あるようです。
生活してみないとわからないことって、結構あるんですね。

詳細はこちら→性格の不一致、セックスレス、別居は離婚事由になる?相手が離婚に同意しない場合に必要な5つの事由とは

女性2位 暴力を振るう

暴力・DVは命の危険性もありますから、離婚事由になります。

あまりにひどい場合は、シェルターにかくまってもらうこともできます。

女性3位 生活費を渡さない

共働きの家庭も多いですが、生活費を渡す、渡さないという理由で離婚をするということは、
やはり男性が生活費用を担っていることが多いということが伺えます。

生活費を男性の収入だけで賄っている場合、
生活費を入れてもらわないと生活できませんから、大変な問題ですね。

女性4位 精神的虐待

精神的虐待とは、暴言や過度な束縛などです。
精神的虐待は、DVと変わりありません。

ひどい場合は、逃げることが大切です。

女性5位 不倫・浮気

5位は不倫や浮気です。
男性編では、なんと2位。

今や女性のほうが不倫しているかも?!

不倫や浮気で離婚するには、証拠が必要です。

女性6位 お金の使い方が荒い

ギャンブルやキャバクラ、お酒、趣味などにお金を費やし、
生活を圧迫している場合、生活がままならなくなりますから、
離婚事由になります。

女性7位 家庭を顧みない

家に帰ってこない、子供の面倒を見ない、働かない、など、
結婚生活を続けるのが難しい状態になってしまい、離婚するケースがあります。

女性8位 性的不調和

性的不調和とは、セックスレスだけでなく、
セックスを求めてくる回数があまりに多い場合や、
夫の性癖、子どもがほしいにもかかわらず拒否する、などがあげられます。

女性9位 親戚と仲が悪い

夫と妻の親戚と仲が悪く、離婚してしまうケースもあります。
結婚は自分達だけの問題だけではないのですね。

女性10位 お酒

いわゆる酒乱です。
お酒を飲むと豹変して、暴力を振るったりと、DVにつながるケースがあります。

お酒は飲んでも飲まれるな!

続いて男性編のランキング!

男性1位 性格の不一致

性格の不一致は女性も1位の項目です。
男女共に、性格の不一致がダントツ1位。

結婚生活中に、より相手の悪いところが見えてきてしまい、
離婚することになるのでしょう。

夫婦と言えども、元は他人。

兄弟同士で同じ親から育っても正確は全く違うのですから、
育った環境も違う他人であれば、性格が合わないというのは、当たり前かもしれません。

自分の中で受け入れられるのか?
受け入れられないのか?

直してもらうことは可能なのか?

など、考える必要がありそうですね。

幸せな結婚生活をしているように見える夫婦は、
日常の気遣いや思いやり、努力をしていることがわかります。

男性2位 妻の異性関係

女は浮気しない、というのはいつの時代の話でしょうか。

堂々の2位は、奥さんの異性関係です。

不倫ドラマが流行る理由も、関係があるのでは?と思ってしまいますね。

男性の皆さん、女性が浮気しない、というのは、
もう時代遅れですよ。

男性3位 精神的な虐待

精神的な虐待とは、言葉の暴力や、過度な束縛などがあげられます。

お金のことばかり気にして、夫の体や健康は気にしない、
家にいると煙たがる、外出するときは常に居場所や誰といるかをチェック、
メールやLINEを勝手に見る、などがあります。

男性4位 親戚と仲が悪い

妻と姑が仲が悪い、ということだけでなく、
旦那家族と妻家族で仲が悪く、離婚するケースがあります。

男性5位 性的不調和(セックスレス)

セックスレスというのは、多くの場合、
女性から拒否される、ということが一般的です。

セックスレスも、離婚の要因になります。
詳細はこちら→性格の不一致、セックスレス、別居は離婚事由になる?相手が離婚に同意しない場合に必要な5つの事由とは

男性6位 お金の使い方

妻がパチンコなどのギャンブルや、ホスト、飲み会、ブランド物などにハマり、
生活を圧迫するほどお金を使ってしまうことで、離婚するケースがあります。

男性7位 同居に応じない

妻が家を出ていってしまい、同居を求めても応じない場合、離婚することができます。

民法第753条では、夫婦は同居することを定めていますから、民法違反となります。

男性8位 性格異常

自己中心的であったり、ヒステリーを起こしたり、暴力を振るうなどが挙げられます。

男性9位 暴力

日常的に妻から暴力を受け、離婚するケースがあります。
女性が暴力を振るうこともあるのですね。

男性10位 家庭を捨てる

子どもの面倒を見ない、家に帰らない、家事を一切しない、など、
妻が家庭の事を一切何もしない事により、離婚が認められるケースがあります。

まとめ

離婚事由は家庭によっても様々かと思いますが
他人同士が一緒に暮らすことは、簡単なことではないのかもしれませんね。

結婚生活には維持する努力と思いやりが大切です!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

熟年離婚は55歳までに済ませろ!熟年離婚の決め手理由とは?

2000年頃から認知され始めた熟年離婚。

熟年離婚を検討する理由はそれぞれですが、
今回は主な離婚要因と、
熟年離婚するタイミングについて、調査しました!

熟年離婚で多い理由NO1!性格の不一致

熟年離婚に一番多い理由は、性格の不一致です。
熟年離婚に限らず、男女が離婚する上で、もっとも多い離婚原因です。

・金銭感覚が違う
・女性は家庭、男性は仕事という偏った考え
・「相手に言ってはいけない言葉」の基準
・思いやりがない

などなど、価値観の違いは、日常生活で積もり積もって爆発するケースが多いようです。

性格の不一致が原因の離婚は、慰謝料は請求できません。

参考:性格の不一致、セックスレス、別居は離婚事由になる?相手が離婚に同意しない場合に必要な5つの事由とは

旦那が家にいてもなにもしない

団塊世代に多いですが、旦那さんが仕事に行って、
いつも帰りが遅い、帰ってきても何もしない。

むしろ、食事を作って、掃除をして、それが当たり前と思っていて、
感謝の言葉もなく、命令ばかり。

そんな旦那さんに不満が募り、離婚を切り出すケースです。

増加中!男性から離婚を切り出すケース

近年、男性から離婚を切り出すケースが増えています。

理由は、妻が自分のことよりお金のことしか考えていない、
文句ばかり言う、家にいても安らげない、
自分が稼いだお金で高級ランチやスポーツジムなどに行き、
妻からは愛情を感じない、などなど。

財産分与でごっそりお金はなくなるけれど、
それでも離婚したい!という男性が急増中のようです。

介護が嫌だから

自分の親のみならず、相手方の介護をする可能性が高い場合、
特に、家庭にいる女性が多くなるケースが多のですが、
1人で介護をやることが耐えられなく、離婚するケースもあります。

介護は話し合い、協力しあって実施することが大切です。

女性が社会に出るケースが増えているから

女性が社会に出て、自分の人生を謳歌しはじめ、
男性に依存する必要がなくなったため、離婚するケースです。

不倫しているから

長年不倫していて、例えば子どもが成人するまで、など、
区切りを待っていたケース。

泥沼離婚になりがちです。

離婚は55歳までに済ませたほうがいい理由

離婚には「財産分与」がついて回ります。

退職して退職金をもらったり、一緒にいいる期間がながければ長いほど、
財産分与は複雑になります。

そのため、熟年離婚を考えているのであれば、
退職金をもらう前の55歳までに離婚することが賢明です。

財産分与について→財産分与の話がまとまらない!時効は2年って本当?

60歳で離婚したとしても、その後30年生きる可能性がある!

人生100年と言われる時代、60歳で離婚しても、
後30年、40年と生きることになります。

熟年離婚を考えているなら、余生をどんな人生にしたいか?を考え、
周囲に惑わされず、自分の道を進むと決めましょう。

熟年離婚に至る可能性がある夫婦の特徴

熟年離婚に至る可能性がある夫婦の特徴をあげてみます。

・会話が少ない
・相手への愚痴や不満が多い
・妻が自立している
・一方が介護に協力的ではない
・子どもが自立している
・感謝の言葉を伝えない

などなど、離婚に至る理由を考えれば、
上記に当てはまる夫婦は離婚に至る可能性が高くなります。

愚痴や不満が多いというケースの中には、
「思いやりがゆえのおせっかい」を愚痴や不満と勘違いしているケースもあります。

相手が愚痴や不満を言っているときは、
夫婦関係を改善できるチャンスです。

離婚したくない場合は、相手の愚痴や不満に耳を傾けてみましょう。

熟年離婚のメリット・デメリット


熟年離婚のメリット

・なんといっても開放感!すべては自分の自由にできる!
・親族と縁が切れる

熟年離婚のデメリット

・子どもの負担が大きくなる可能性
別居すると、これまでは「実家」に変えれば両親に会えたものが、
別の家に訪れる必要が出てきます。

お墓参りも同様です。

・孤独を感じる可能性がある
メリットに「自由」をあげましたが、反対に、孤独を感じる可能性もあります。

・友人関係が変化する可能性
離婚をすることで、住む地域変わったりする可能性があります。
反対に考えれば、新しい人脈を築くことができるので、
メリットになるか、デメリットになるかは、アナタ次第です。

まとめ

離婚するケースを見ていると、
女性はお金、男性は愛を求めていることが見えてきます。

不思議ですね。

男性は働いてお金を稼ぎ、女性は家庭に入る、
昔ながらの考えが逆転しているではありませんか!

時代は大きく変わっています。
様々な価値観が生まれ続けます。

離婚は珍しいことでも何でもありません。

大切なのは、自分がどういう人生を送りたいのか。

離婚に至らずとも、常にそれを考えられる人生にしたいものです。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

離婚にベストタイミングはある?状況に応じたタイミングとは?

離婚したいと思ったとき、いつ離婚しようか、
いつ離婚を切り出そうか、考えてしまいますよね。

今回は、離婚のタイミングについて、考えてみたいと思います。

離婚したいと思ったら、いつ相手に伝えればいい?

数ヶ月、数年など長い間離婚を考えている場合
DVなどを受けている場合ではないようであれば、
2人で会話ができるときに、思い切って打ち明けましょう。

長い間離婚を考えている場合、自分の中でタイミングが探し出せないことがあるので、
今週末に言おう!など、自分の中で決める必要があります。

不貞行為など、きっかけがあって離婚したい場合
これは離婚すると決めたら、早い段階で伝えたほうがいいでしょう。

不貞行為などは、時間が経つと、罪悪感が薄れてくる場合があり、
「そんなことで」なんて言われる可能性も出てきます。

相手が罪悪感を感じているうちに、離婚を切り出したほうが
相手も理解してくれやすいでしょう。

離婚に猶予期間を設けてもいいな、と思っている場合

離婚を相手には伝えるけれど、お互い改善できることがあって、
少し猶予期間を設けてもいいかな、と思っている場合は、
どこを改善したらいいか、改善できそうか、とことん話し合いましょう。

自分の意見を言って、もちろん相手の意見を聞いて、
受け入れることが大切です。

例えば、

・夫婦ふたりの時間を作る
・会話を増やしてみる
・「ありがとう」を言うようにする

などなど、さりげないことから始めることをおすすめします。

ハードルが高い目標は、挫折しがちです。

相手が変わろうとしているか、
自分も変わる努力ができるのか、
半年くらい様子を見てみましょう。

自分は離婚したい気持ちが固まっているが、相手が納得しない場合

これは、話がこじれるパターンが多いです。

相手が離婚に納得していない場合、
話し合いができるようであれば、
相手の話をきいて、気持ちを汲み取るようにしましょう。

その上で、あなたが離婚したい理由をしっかり伝え、
もし、不貞行為やDVが問題なのであれば、
その行為に対して、自覚行為があるかどうか、
確認する必要があります。

もし自覚していない場合は、自覚してもらうことからスタートです。

自分がどれだけ傷ついたのか、つらい思いをしたのか、
しっかり相手に話をするようにしましょう。

相手が話し合いに応じない場合
話し合いに応じない場合は、調停で、
第三者を交えて話し合うことをおすすめします。

離婚に納得してくれない場合は猶予期間を設けよう!

相手が離婚に納得していない場合、すぐに離婚をするのは難しいです。

相手が離婚したくない理由にもよりますが、
先にも紹介したように、お互い歩み寄る努力ができるようであれば、
半年くらい様子を見てみるのもいいと思います。

DVを受けていて離婚したい場合

DVを受けている場合、離婚を切り出したら
暴力を振るわれる可能性もあります。

相手にもよりますが、もし暴力を振るわれることが想定できるようであれば、
早急に家を出て、別居してください。

そして警察に行きDVを受けていることを話しましょう。

子供がいる場合は、学校に連絡しましょう。

DVは、相手が離婚に応じなくても、
すぐに離婚できることが多いですよ。

参考:DVで離婚したい場合どしたらいい?離婚したくない場合は?泥沼離婚を避ける方法とは

まとめ

離婚するタイミングは、ご自身の判断が一番正しいと思います。

ただ、将来を考えると、どのタイミングが良いのかなぁと、
深く考えてしまうことが多くなりますよね。

そういった方々に、このサイトがお役に立てばと思います!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

財産分与の話がまとまらない!時効は2年って本当?

離婚をする際についてくるのが、「財産分与」

相手が財産を隠し持ってるかもしれない、などで
話がなかなかまとまらないケースもあるようです。

そういった場合、時効など気になりますよね。

今回は、財産分与の時効について、
調べていきたいと思います。

財産分与の時効は2年?それ以降は請求できないの?

財産分与が請求できるのは、離婚後2年と言われています。

正確に言うと、時効ではなく、除斥期間と言われています。

除斥期間とは、権利を行使しないまま、その期間が経過すると、
その権利が無くなってしまうというものです。

そのため、2年間なにもしないと、財産分与を請求する権利がなくなってしまうのです

除斥期間を長くすることはできるの?

除斥期間を延長することはできるのでしょうか。

残念ながら、財産分与についてはできません

そのため、2年が経過してしまう!となったら、
とりあえず家庭裁判所へ調停や審判などの申立をしましょう。

申立をしてしまえば、除斥期間は関係ありません。

相手の財産がどれくらいあるかわからない場合はどうしたらいいの?

離婚はしたいけど、相手方にどれくらいの財産があるかわからない、、という場合は、
弁護士会照会制度を利用しましょう。

弁護士紹介制度とは、弁護士が依頼を受けた事件について、
証拠や資料を収集し、事実を調査するなど、
その職務活動を円滑に行うために設けられた法律上の制度です。

調停や裁判が前提となりますが、
もし、相手方が財産を隠し持っていることが明確な場合、
利用を検討してみてもいいでしょう。

金額としては、調停は2000円くらい、
裁判になると、最低でも80万円くらいかかるようです。
調停について:離婚調停って何をするの?流れと回数、金額は?不成立だった場合のその後は?

まとめ

財産分与は2年経過すると請求ができなくなってしまいます。
時間がないと思ったら、とりあえず、調停に申立をすることをオススメします!

申立をすれば、その後の期間は関係ありません。
とりあえず、動くことが大切です。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

妊娠中の離婚、親権はどっち?生活費、養育費はどうなる?

妊娠するとホルモンバランスが崩れ、精神的に不安定になり、離婚をするケースや、
妊娠中に男性が浮気して離婚に至ることも多々あります。

今回は妊娠中の離婚について、調査しました。

妊娠中に離婚したら、親権はどっち?

妊娠中に離婚が成立した場合は、原則として親権は母親となります。

離婚成立が長引いて子どもが生まれた場合は、
当然、親権は両親にあるので、親権の決定や、
苗字変更の手続きなどをする必要が出てきます。

子どもの戸籍はどうなるの?

離婚届けを受理してから、300日以内に生まれた場合は、
嫡出子となり、戸籍上では、父親の名前が記載されます。
(親権は原則母親です)

しかし、300日が経過してから生まれた場合は、
非嫡出子となるので、母親の戸籍に入ることになります。

そのため、相続などが対象外となり、養育費を請求できない可能性があるのです。

ですから、父親として認知してもらう必要があるのです。

養育費はどうなる?

妊娠中に離婚したとしても、養育費はもちろん請求可能です!

養育費は親権を持たない親に対して請求できますので、
非嫡出子でなければ、養育費の請求は可能です。

養育費は裁判でも請求可能です。

もし、非嫡出子となる場合、認知してもらえるかどうか、からの問題ですので、
弁護士に相談しながら対応したほうがいいでしょう。

心配しすぎは子どもへの影響にも悪いです!

情報社会となり、妊娠中の離婚、とインターネットで検索すると、
たくさんのサイトが出てきます。

その中には、

「子どもを1人で育てていけるのか?」
「離婚しか選択肢はないのか?」
「金銭的な問題は?」

といった、不安を煽るような記事がたくさん出てきます。

特に金銭面については、確かに心配かもしれません。
でも、大切なのは、「自分がどうしたいか」をしっかり判断することです。

ハッキリ言って、その気があれば、子どもは1人でも育てられます。

今は3人に1人が離婚する時代です。

片親で子どもを育てている方は実際にいらっしゃるし、
マイホームまで購入した人だっているし、
参考:シングルマザーでも家を買うことが収200万円以下でも家を買う方法
自分が離婚したいと思うのであれば、離婚してもいいんです。

離婚は、不幸なことでもなんでもありません。

それよりも、愛情がないまま離婚しないで一緒に過ごしている事が
子どもへどういった影響を与えるのか、
自分が納得しない選択肢を選んだとき生活が、子どもへどう影響するのか?

あなた自身のストレスはどうなのか?のほうが、よっぽど心配です。

離婚しなければ、子どもは幸せになる、のでしょうか?

アレコレと離婚しない理由を自分で作っているなぁ、と感じるなら
「本当は自分は離婚したくないのかな?」と感じる事もあるでしょう。

そうであれば、離婚しない選択肢を考えれば良いのです。

親が不安定になると、子どもも不安定になりがちです。

本当に子どもが大切なのであれば、
アレコレ心配するよりも、自分がどうしたいのか?を
しっかり見極めることが大切なのではないでしょうか。

まとめ

妊娠中の離婚は、実際に子どもが生まれたからの手続きよりも簡単なケースが多いようです。

あまり深刻にならず、
自分の幸せが、子どもの幸せにつながることを忘れないでくださいね。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

離婚したいけど相談できる人がいない。そんなときは離婚相談所を利用しよう!

離婚相談所という言葉、聞いたことあるでしょうか?

「離婚」を決断する場合、誰にも相談せず、
1人で決めた、という方がとても多いといいます。

離婚は、精神的負担が大きいにもかかわらず、
誰にも相談できず、憔悴してしまう方も多い。

自分で自分を追い詰める前に、誰かに相談することも、視野に入れてみましょう!

離婚相談所は無料の場合と有料の場合がある!

離婚相談所は、有料のところと無料のところがあります。

無料のところは、弁護士会が開催していたり、
都道府県、市区町村の役所、NPO法人が開催していたりします。

弁護士会での相談の場合、電話相談は無料で、
対面相談だと30分5000円といった有料になることもあるようです。

NPO法人の離婚相談所に関しても、有料となる場合がありますが、
NPO法人の場合は、法律相談以外にも、メンタルのケアもしてくれる相談所があるようです。

もし無料で相談したい場合は、
役所に問い合わせてみるのが良さそうですね。

役所の無料相談とは言えども、弁護士が対応してくれるので
とてもありがたいサービスです。

基本的に、離婚相談所は「法律」についての相談がメインとなります。

離婚することが自分にとっていいことなのかどうか、
ということを相談したい場合は、離婚カウンセラーに相談したほうがいいでしょう。

離婚カウンセラーは、その名の通り、カウンセラーです。

離婚についての不安や、精神的なケア、
離婚という選択肢でいいのかどうか?ということも含め、相談に乗ってくれます。

夫婦関係を継続したい場合でも、継続させるための方法の相談にも乗ってくれますよ。

無料相談の弁護士は質が低い?

無料の離婚相談所で相談をしたことがある人の話を聞くと、
全然取り合ってくれない、自分の意見を一方的に言われた、など、
あまり良くない話を聞くことがあります。

無料ですので、ハイレベルな質は期待できない、と言われればそれまでなのですが、
ここで伝えておきたい事は、「その弁護士の話を鵜呑みにしないでほしい!」ということです。

精神的に参っているときなどは、その話を鵜呑みにして落ち込んでしまう方も多いのですが、
鵜呑みにせず、他の離婚相談所に行って相談してみることをおすすめします。

もし無料相談所で良い弁護士に当たらない場合は、
有料の相談所に行ってみましょう。

有料の離婚相談所は30分5000円が相場ですよ。

離婚相談所に行く前に準備しておくこと

離婚相談所で相談をするのは、30分くらいの場合が多いので、
相談したいポイントはしっかりまとめておきましょう。

よくある相談内容としては、
・財産分与
・慰謝料
・養育費
・親権について

などです。

面談中は愚痴は言わない!

面談中、相手への愚痴や不満を話してしまいたくなりますが、
時間がもったいないのでNGです!

相手の愚痴よりも、優先すべきは自分のための知識!

弁護士へ相談できる時間を最大限有効活用しましょう。

まとめ

離婚は精神的にも負担が大きい決断となることが多いです。
無理せず、相談できるところで相談をして、
自分を追い込まないようにしましょう。

離婚は不幸な事ではありません。
幸せへの大きな一歩です!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

単身赴任中の浮気率は?単身赴任中の離婚するなら知っておいたほうがいいこと

旦那が単身赴任中に浮気をしたことがきっかけで離婚することを考えている方、
意外と多いようですので、今回は単身赴任中の離婚について、ご紹介します!

単身赴任中に男性が浮気する確率は80%、女性が浮気する確率は16.9%

単身赴任中に男性が浮気する確率は80%と高確率で浮気するようです。
女性に関しては、6人に1人が浮気をする、という計算になります。

そのため、浮気が発覚して離婚を検討する方は、結構多いのです。

浮気する理由は様々ありますが、
男性の場合、もともと浮気願望がある方だったり、
浮気性の方も多いのでそういった方を省くと、
寂しさを紛らわすため、というのが大きい理由のようです。

女性の場合も、寂しさを紛らわすため、ということが大きい理由のようですが、
不安だったり、子育てなどのストレスも大きい理由のようです。

男女問わず、身近にいる人に寄り添う傾向があるのですね。

浮気という理由ではない可能性もある

離婚の理由として大きいのは「浮気」ですが、浮気ではない場合もあります。

1つ目は「快適さ」です。

お互いに離れて暮らしてみると、「離れて暮らしたほうが快適だ」ということに気づくケースもあります。

これは男性・女性関係なく、
特に女性は、結婚前にバリバリと仕事をしていた方であれば、
旦那さんの単身赴任中に仕事をはじめて仕事の楽しさを思いだし、
「人生やり直したい」と思う方もいます。

結婚は時代に合わなくなっているのかもしれませんね。

2つ目は「スタイルや容姿の変化」です。

会わない日が続き油断をしてしまい、とても太ってしまった、
またはしっかりした食生活をしないことで、げっそり痩せてしまった、ということで
離婚を検討する方もいらっしゃるようです。

「それだけで」と思うかもしれませんが、
容姿やスタイルの変化は、浮気するきっかけにもなるので要注意なのです。

3つ目は「生活費を渡さない」です。
単身赴任をすることで「自分のため」に使うお金が増える方もいて、
そうなると「結婚生活」を忘れてしまい生活費を払わなくなる男性もいます。

女性も然りで、旦那がいないことで、
生活費を豪快に使い始める方もいるようです。

浮気をチェックする方法

単身赴任中の浮気をチェックする方法は、
一緒に生活しているより簡単なケースが多いです。

なぜなら、「油断」しているからです。

女性の場合、クローゼットを見てみて、
新しい服や靴、カバンが増えていたら、男性とデートしている可能性が高くなります。

男性の場合、連絡せずに家に行ってみると、
女性用の化粧水や化粧品、服などが置いてあったり、髪の毛をチェックするとわかることが多いです。

単身赴任中に離婚する上で知っておくこと

単身赴任中に離婚する場合、郵送で離婚届のやり取りをする夫婦も多いのですが、
これは避けたほうが無難です。

郵送だと、本当に役所に提出したかどうか、わからないためです。

面倒ですが、しっかり押印をもらったら、
離婚届けは自分で役所に届けるようにしましょう!

まとめ

単身赴任中の浮気の確率や、単身赴任を経験したからこそ感じる事もあり、
同居しているときよりも、離婚率が2倍になるそうです。

そうならないように、離れて暮らしていても
コミュニメーションをまめに取ることが大切です!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

旦那に借金がある場合の離婚方法!財産分与はどうなる?

旦那に借金がある場合の離婚をするとき、
財産分与がどうなるか、気になりますよね。

財産分与だから、もしかして借金半分で自分が払う羽目になるのでは・・・?

そんな心配をしている方もいらっしゃると思いますので、
今回は旦那の借金がある場合の離婚について、ご説明します!

旦那の借金がある場合の財産分与はどうなるの?

結論からいうと、マイナスの財産は分与する必要はありません!!

財産分与とは、結婚している間にに夫婦間で築いた財産を分け合うこと。
基本的に半分ずつとなります。

財産分与は、プラスの財産を分与するので、
借金等のマイナスの財産は分与する必要がありません!

そのため、
旦那がギャンブルで作った借金、
高いブランドものを購入して支払えないお金などは、
全て旦那さんは背負うものとなります。

分与される財産もある

とは言え、お互いに借金を支払う必要がある借金もあります。

それは、生活するために借金をした分です。

生活するために必要な分を借金した場合は、
契約者や保証人になっていなくても、
お互いに借金を返済する必要があるのです。

居住用の住宅ローンなども同様です。

旦那の借金の保証人になっている場合は要注意!

要注意なのは、「保証人」です。

もしあなたが、旦那さんの借金の「保証人」になっていたら、
これは借金から逃れられません。

離婚をする、しないにかかわらず、
旦那さんが借金を支払えなくなったら、
あなたが支払う必要があります。

借金の保証人になっている場合、逃れる方法はないの?

銀行から「保証人を解除する」という承認をもらうことができれば、
保証人から外れることは可能ですが、基本的に、金融機関は保証人を解消する、ということはしません。

旦那さんが借金を返済できなくなった場合、
金融機関がお金を返済してもらえなくなるためです。

借金を理由に離婚は可能!

そもそも、借金を理由に離婚はできるの?という質問があるのですが、
こちらは「可能」です。

「借金」を理由にした離婚は多いようですよ。

ただし、話し合いで離婚ができない場合、
調停や裁判となるのですが、
もし調停や裁判となったときには、「借金」という理由だけでは
離婚できない可能性が高くなります。

もし、裁判となった場合は、「借金」によって生活が破たんし、
夫婦生活が壊れたことを証明しなくてはなりません。

証拠なども集める必要がありますので、
とても労力がかかります。

離婚が成立しても、養育費などはもらえないよね・・?

借金が理由で離婚した場合、慰謝料や養育費がもらえない、と思い込んでいる方もいらっしゃるのですが、

請求は可能です!!

ただし、借金を抱えている人がしっかり払ってくれるとは信じがたいですので、
しっかり公正証書にしておきましょう。

公正証書について

まとめ

生活のために背負った借金でなければ、
離婚をしても財産分与にはなりません。

離婚を決意したのであれば、前向きに進みましょう!

応援しています!!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

妻と離婚したいけど、どうしたら納得してもらえる?

妻と離婚したい・・・。

理由は様々だと思いますが、妻と離婚したい場合、
どうやって妻を納得させるか、、、。

今回は離婚をするための理由について、考えてみます。

妻が離婚を納得しない理由

妻が離婚に納得しない理由は、各家庭によっても様々かと思いますが、
心情としては、人間ですから大体同じです。

・なぜ離婚したいのか理由がわからない
・世間体
・離婚に応じたら負けの気がする
・離婚後の生活が不安
・離婚しないという嫌がらせ
・子供がいるから

大抵、上記のいずれかに該当するかと思います。

では、具体的にどうやって説得するのがいいのでしょうか。

妻を説得するにはどうしたらいい?

まず、当然ですが、話し合いの場を設けることが大切です。

話し合いの時は、感情的にならず、
冷静に話し合うようにしましょう。

あなたが感情的になると、
「あ、今の感情だけの勢いだな」と思われてしまう可能性がありますし、
感情的になると、些細な事で喧嘩してしまい、
肝心の離婚の話が進まなくなることがあるためです。

また、話し合いでは、妻が、本当は離婚したいと思っているのか、
もしくは本当に離婚したくないのか、見極めることが必要です。

話し合いの内容

話し合いの内容としては、まず、離婚後の生活の不安と、
「負け」を感じさせないことが大切です。

そのため、離婚後の生活について、妻に「大丈夫そうだな」と思ってもらえるよう、
住んでいる家を妻のものにしたり、子どもがいるのであれば、
養育費を少し多めにしたりすることを検討しましょう。

養育費について:子どもの養育費はいつまでどれくらいもらえる?大学進学の学費はどうしたらいい?

話し合いや有利な財産分与でも納得してくれない場合

有利な財産分与でも納得してくれない場合は、
一旦、別居を提案してみましょう。

別居をすることで、離婚を検討してくれやすくなったり、
もし裁判になったとしても、別居の理由があると、離婚事由になる可能性があるためです。

ただし、裁判となると、しっかりした離婚事由がないと離婚しずらいため、
できるだけ当事者間の話し合いで離婚できるのがベストです。

ギクシャクした生活をしてみる

話し合いを一旦あきらめて、ギクシャクした生活を送ってみましょう。

ギクシャクした生活でストレスを感じ、
離婚に納得してくれるかもしれません。

また、ギクシャクした生活とはいえ、
生活の中で相手が冷静に物事を考えられることができる可能性があります。

子どもが離婚の壁になっている

子どもが離婚の壁になっている場合、
本当に今の生活での子育てがベストか、冷静に考えてもらう必要があります。

参考:「子供のために離婚しない」は正しい?離婚について子どもはどう思うか?

両親がギクシャクしたまま子育てをすることが、
本当に子どものためになるのかどうかを、じっくり話し合いましょう。

離婚調停を検討する

離婚調停は、裁判とは違い第三者を交えての話し合いとなります。

参考:離婚調停って何をするの?流れと回数、金額は?不成立だった場合のその後は?

ただし、調停をしたからといって離婚できるかと言ったら、確実ではありません。

調停をする場合は、調停委員に自分の離婚の意思が固いことをしっかり伝えることが大切です。

妻に致命的な離婚事由がある場合は証拠を用意する

妻の不倫や、重大な精神的な問題、DV、モラハラなどは、
しっかり証拠を持っておくことが大切です。

証拠があれば、調停で離婚ができなかった場合でも、
裁判で離婚できる可能性が高まります。

参考:性格の不一致、セックスレス、別居は離婚事由になる?相手が離婚に同意しない場合に必要な5つの事由とは

まとめ

妻が離婚に納得してくれない場合、妻の立場に立って、
何を考えているか、理解することが解決への近道です。

女性は感情的になりやすいですから、
そこに惑わされず、冷静に、そして固い離婚の意思があることを伝えましょう。

また、表面的にいい人になっても、
感情を逆なでするだけです。

例えば・・・
「自分と離婚した方が、君は幸せになれると思う」

こんな言葉は慰めにもなりません。

表面的な言葉ではなく、本心で向き合うようにしましょう。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

衝撃!妻の不倫が原因で離婚したい。離婚するために考えておくべきこと

信じたくないけども、妻の不倫が原因で離婚したい、と考える男性は増えています。

なぜなら、女性の不倫はここ12年の間に、3倍にも増えているから。

調査によると、過去女性の不倫の割合は1桁だったのですが、
現在は約20%の女性が不倫をしているという調査結果があるようです。

10人に2人は不倫している計算になります。

では、妻の不倫で離婚したい場合、どういった手順で離婚を進めていけばいいか説明致します。

妻の不倫が原因で離婚したい場合に考えておくこと

妻の不倫が原因で離婚したい場合に考えておくことは、
財産分与、親権(子どもがいる場合)、養育費(子どもがいる場合)、慰謝料についてです。

ではまず、財産分与についてご説明します。

◯財産分与ってなにが対象?
財産分与の対象になる財産ですが、
これは結婚してからできた財産が対象となります。

具体的には下記です。

・現金、預金(へそくり含む)

・土地、家などの不動産

・保険

・家財道具、電化製品

・退職金、年金

・車

また、もちろん負債も分与となります。

例えば、車のローンや家のローンなどです。

◯財産分与の対象とならないものはあるのか?
財産分与に含まれないものは下記となります。

・相続
・贈与
・服・アクセサリー・バックなどの日用品
・別居している場合、別居後に作った財産

◯財産分与はどうやって決めるのか?
財産分与の方法は4つあります。

1、通常の財産分与(清算的財産分与)
財産をすべて2分割にするという方法です。

決まりとしては財産形成への貢献度に応じて分配が決まることになっていますが、
現代では基本的に2分割となることが多いよです。

2、慰謝料と相殺するパターン(慰謝料的財産分与)
慰謝料が発生する場合、財産分与で慰謝料分を相殺するパターンです。
比率は慰謝料の金額によります。

3、相手方の生活を維持するための財産分与
奥さんが専業主婦の場合、財産を単順に2分割してところで、
相手方の生活に支障が出ることが多々あります。

「自分の不倫が原因なんだから」

と思う方も多いのですが、財産分与には離婚の原因は関係ありません。
慰謝料で請求することになります。

4、婚姻費用を払っていない場合の精算
結婚生活中に婚姻費用を払っていない場合、
(例えばあなたが生活費などを払っていなかった場合はその分があてがわれる可能性があります)

慰謝料はいくら請求できるの?

慰謝料とは、不倫によって被った精神的苦痛代となります。
明確な基準はありません。

そのため、慰謝料を請求するかどうかはあなた次第となります。

慰謝料は100万円〜300万円の間で請求できることが多いようです。

ただし、相手方に支払う能力がなければ、慰謝料を払うことはできませんから、
請求することができません。

慰謝料を請求するには、しっかりした証拠がなければ請求できません。

また、妻の不倫相手にも慰謝料は請求できますよ。
(時効は不倫を知ってから3年)

参考:旦那(妻)の浮気・不倫が発覚!!旦那と浮気相手に慰謝料を請求できる場合とできない場合の違いは?

親権や養育費はどうなるの?

親権についてですが、基本的に母親に親権が行くことが多いです。
8割は女性に行くと考えていいでしょう。

父親が親権を獲得できるには、下記の条件を満たす必要があります。

・妻の育児に致命的な問題がある
→虐待や暴力など

・父親がメインで子育てをしている場合
→女性に親権が行くことが多い理由として、
日本は家事・子育てが妻で、仕事が旦那、という場合が多いためです。

これが逆のご家庭は父親側に親権が渡る可能性が高くなります。

・別居している場合、父親と一緒に住んでいる場合
→現段階で別居をしていて、かつ、子どもも父親と住んでいる場合、
親権は父親に行くことがあります。

最低でも半年~1年は住んでいる実績が必要です。

・子どもが父親と暮らしたいと言っている場合
→15歳以上の子どもが父親と暮らしたいと言っている場合は、
父親に親権が渡る可能性が高くなります。

養育費はどうなるの?
養育費は父親が払うもの、と思っている方も多いのですが、
養育費は女性も払う必要があります。

そのため、親権が父親にいったからといって、
母親が養育費を払わなくてもいいというわけではありません。

養育費の算定表は下記となります。
養育費の詳細はこちら→子どもの養育費はいつまでどれくらいもらえる?大学進学の学費はどうしたらいい?

まとめ

妻が不倫したことにイライラしたり、落ち込んだり、
感情的になって会話もしない、目も合わせない、という方もいらっしゃるかもしれません。

離婚を考えているのであれば、
感情的になるよりも、将来、明るい未来にするにはどうしたらいいのか、
考えてみましょう。

離婚は幸せになるための通過点です!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.