住宅ローンについて

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

未来の金利の動きが予想できるかも!?金利の決定方法を読み取ってお得に住宅ローンを組もう!

金利はどのように決定されるかご存知でしょうか?

将来の金利がどうなるのか、自分で予想できたら良いですよね!

今日は金利の決定方法についてご説明いたします。

金利の決定方法は?

長期固定金利(フラット35)は「10年物の長期国債利回り」を基準に決定されます。
変動金利は「短期プライムレート」に基づき決定されます。

長期固定金利はずっと固定金利のため、今回は変動金利の決定の仕方について詳細を説明します。

短期プライムレートとは、金融機関が優良企業に短期で貸し出す際に適用する金利を指します。

全国的にはメガバンクのレート、各都道府県においては有力地銀のレートが基準となります。

短期プライムレートの決め方

日銀が行う金融政策(無担保コール翌日物)に影響されます。

金融政策とは、皆さんご存知とは思いますが、景気が良くなれば市場金利が上昇するように、景気が悪くなれば金利を下げたりして市場の調整を行います。

無担保コール翌日物とは、

金融機関同士が「今日借りて、明日返す」、「今日貸して、明日返してもらう」といったような1日で満期を迎える超短期の資金調達や資金供給を、借り手が貸し手に対して担保を預けずに行う取引です。

金融機関は日銀に所定の額を預金することが義務付けられています(法定準備預金)。金融機関の中で、日々の決済などでお金が動いて準備預金の残高が法定の額に足りなくなるときには、お金が余っている他の金融機関から翌営業日までお金を借りてその残高を満たそうとします。無担保コール翌日物はこのようなときに使われたりします。


参考文献:http://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/mu/J0281.html

まとめると、
日銀→金融政策→短期プライムレート→変動金利となるのです。

無担保コール翌日物の誘導目標は、日銀の政策委員会・金融政策決定会合などにおいて決められます。日銀のホームページで会合のスケジュールを見ることができます。
日銀HP:http://www.boj.or.jp/

また、無担保コール翌日物の日々の金利情報は日経新聞などで入手可能です。
過去の短期プライムレートの推移については日銀のホームページで確認できます。

気になる方は是非覗いてみてください。


参考文献:
フグ田マスオさん 家を買う。: 物件の決め方・ローンの組み方の安心鉄則
著者:峰尾茂克
河出書房新社
2015年出版
総ページ数:197

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

将来住宅ローンが払えなくなってしまうかも?!間違いやすい返済計画Part2

この記事を読む前にPart1の記事を読むことをオススメします!
住宅ローンを組む方必見!将来住宅ローンが払えなくなってしまうかも?!間違いやすい返済計画Part1

では、実際に住宅ローンの返済計画はどのように立てたらいいのか、ご説明いたします。

未来のことは明確にはわかりませんが、想定することは可能です。

1,今の居住費以外にかかっている金額を知ること。

2,子どもがいる場合は、教育費がどれくらいかかるか知ること。

3,最後は老後資金。

この3つを軸に考えることが必要です。

まずは居住費以外の支出を把握すること

居住費以外の支出とは下記です。

  1. 生活費
  2. →食費・水道光熱費など

  3. 教育費
  4. 保険料
  5. その他
  6. →交際費・車の維持費・旅行費用など

これらをしっかり把握できていますでしょうか?

さらに、ここから何かを節約できるかどうか?子どもの養育費は今後どれくらい必要になるのか?ということを考えるのも大切です。

返済予算さえしっかり組み立てられれば返済が不安にあることもありません。しっかり組み立てましょう!

教育費はどれくらいかかるのか?

まずは平均の教育費を把握しましょう。子どもがいない方は飛ばしてください。

♦ 幼稚園〜高校について

公立 私立
幼稚園 1年平均23万円×3年=総額69万円 1年平均49万円×3年=総額147万円
小学校 1年平均31万円×6年=総額186万円 1年平均142万円×6年=総額852万円
中学校 1年平均45万円×3年=総額135万円 1年平均130万円×3年=総額390万円
高校 1年平均39万円×3年=総額117万円 1年平均97万円×3年=総額291万円

※文部科学省平成24年度子どもの学費調査より

♦ 大学について

国立 私立
4年間で243万円 短大2年間で250万円
文系4年間で450万円
理系4年間で650万円

※THE FPコンサルティング調べ

ここからがコツです!

教育費は子どもが公立に行くか私立に行くかはっきりしない所がありますが、なんとなくでいいので想像してみて、固定費として算出することが大切です。

例えば、幼稚園から中学校までは公立、高校、大学は私立の文系に行ったとします。

そうすると、この22年間の平均の年間の学費は51万円となります。(69万+186万+135万+291万+450万)÷22=51万円

この年間51万円を軸に考えていきます。

幼稚園、小学校、中学校は51万円よりもかかる金額が少ないですよね。この差額は貯金します。そうすることによって高校、大学に向けた費用を貯めることができ、かつ教育費を固定費として算出することができるわけです。

塾や大学が遠征の場合は一人暮らしの費用がプラスにかかるわけですから、ここも念頭にいれて計算してみましょう。

老後の資金について

老後の資金については、ご自身の会社が退職金が出るかどうか、年金額はいくらか、予め想定しておくといいでしょう。

年金と退職金で暮らせるのであれば老後の返済も考えてもいいかもしれませんが、どう考えても厳しいという方は、老後は返済しない計画を立てることが重要ですね。

何年間、月いくらで借りるのか、しっかり考えましょう!

資金計画が万全な方、金融機関の選び方はこちらをご覧ください。
住宅ローン金融機関の選び方で審査結果が変わる!銀行、信託、ネットバンクどこに申し込んだらいいかわからない方へ

《PR》
住宅ローンの金利を比較するなら自分の条件の金利の比較をしなければ意味がありません!
住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサービス

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

住宅ローンを組む方必見!将来住宅ローンが払えなくなってしまうかも?!間違いやすい返済計画Part1

住宅ローンを組む皆様、年収の5倍〜7倍を目安として金融機関は審査の可否を決定するということをご存知でしょうか?ご存知の方は、5倍〜7倍の予算で家を買う計画を立てている方も多いと思います。

参考記事:住宅ローンには貸出制限がある!年収の◯倍までは融資してもらえる?いくらなら自分は借りられるの?。

でも待ってください。実はもっと深く考える必要があります

ここを考えられるかどうかで、将来ローンを払えなくて家が競売に出されるかどうか、決まってしまうかもしれません。

これはできるだけ避けたい所です。

では、どういったことを考えていけばいいのか、見ていきましょう。

借入可能額ではなく、返済可能額を考えよう

よく有りがちなミスは、借入可能額を考えてしまうことです。
これは当たり前のようですが、とても危険な考え方です。

借入可能額ではなく、返済可能額を考えましょう!

「今の賃貸料が◯◯円だから、月々返済していけるだろう」「年収の5倍の借入だから通るだろう」「◯◯円毎月貯蓄できているから大丈夫」こういった考えで家を選び、ローンを組もうとしていませんか?

ちょっと待ってください。

家を買う方は、生活スタイルが変わる事をきっかけに買うことが多いです。代表的なのは結婚。子どもが出来た場合の教育費は考えていますか?親の介護は?老後の資金は?

もしかしたらすでに家を決定してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。まだ家が決まっていない方、現在の賃料と比較して家を決めるのは危険です!

まずは予算を組み立ててから家を選ぶことがとっても重要なのです。

ここさえしっかり考えられていれば、購入直前になって「家を買ってよかったのかなぁ」なんて不安になることはありません。

家が決まってしまい、ローンを組む段階の方は、このページを参考に返済プランを考えてみてください。まだまだ遅くありません。

自分が納得の行く家を買い、ローンを組めるように頑張りましょう!

=====
陥りがちな資金計画

  • 現在の賃料をベースにマイホーム探し
  • 家を選ぶ
  • ローンを組むときに教育費や老後資金を考え始め不安になる。

理想的な資金計画

  • 教育資金や老後資金まで考慮した住宅の予算額を確定
  • 返済計画part2にて紹介します!

  • 予算額の範囲で家を探す
  • マイホーム決定

いかがでしょうか?家を選ぶには、まずは資金のことを考えなければならない、というのが私の意見です。
昨今ローンが払えない方が増えています。みなさんも金融機関、不動産屋さんの甘い言葉に誘われずにしっかり計画を立てましょう。

住宅ローン返済計画

借りられるお金と返済できるお金は違う

住宅ローンは借入ができるか?審査が通るか?ということだけが大事ではないことは理解しているかと思いますが、やはり、いざ家を探してみると、当然のことながら、値段が高い家のほうがよく見えます。予算オーバーとわかっていても気になってしまう。わかります。

でも、今の欲望よりも子どもの事、老後の事を考えることが優先です。気持ちをしっかり立て直しましょう。

一般的には返済額は「年収の25%が妥当、20%が理想」と言われています。金融機関でもそう言われると思います。
→詳細は「住宅ローンの融資額はどうやって決まるの?金融機関をしっかり選べば融資額は増える!」をご覧ください。

ただし、年収が1000万円の人と300万円の人とでは使える金額が違いますし、お金の使い方が荒い人、コツコツ貯めるタイプの人では生活が異なります。

更に子どもがいるかどうかでも変わってきますので、この比率は目安でしかないということです。

次回は実際の算出方法を見ていきましょう。
将来ローンが払えなくなってしまうかも?!間違いやすい返済計画Part2

資金計画が万全な方、金融機関の選び方はこちらです。
住宅ローン金融機関の選び方で審査結果が変わる!銀行、信託、ネットバンクどこに申し込んだらいいかわからない方へ

《PR》
住宅ローンの金利を比較するなら自分の条件の金利の比較をしなければ意味がありません!
住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサービス

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

【2015年】住宅ローンのリテール力ランキングは新生銀行が1位!住宅ローン人気金融機関ランキング

2015年10月、銀行のリテール力調査がありました。
リテール力とは小口の取引のことです。

個人向けの商品ということですね。
早速、ランキングを見ていきましょう。

銀行のリテール力調査ランキング

調査員が直接店頭に出向き、商品内容はもちろん、接客態度、商品説明、説明能力などからランキング付け。

1位(12) 新生銀行
2位(4)  三井住友
3位(-)  イオン
4位(36) スルガ(静岡)
5位(5)  みずほ
6位(11) 埼玉りそな
7位(48) 広島
8位(1) りそな
9位(30) 近畿大阪
10位(37) 常陽(茨城)

※()内は去年のランキングです。

新生銀行1位の理由は?

  • 新生銀行病児保育や家事代行がついた住宅ローンが1位の理由。接客態度も日頃から改善に取り組んでいたことも評価につながったようです。
  • イオン銀行は今年初参戦。ショッピングモールの中に店舗があり、原則365日、9時〜21時までの営業という利便性が3位の理由です。
  • スルガ銀行は昨年36位から大きく順位を上げました。これは住宅ローンだけでも35種類、フリーローンでは53種類という品揃えが豊富なことが理由。

今回は地銀が上位に組み込まれていることが特徴で、地域に密着した接客が好評の要因のようです。

2016年はどうなる?

2016年は金利が更に下がり、商品内容自体が益々充実してくることが予想されます。住宅ローンは納期もあり焦りがちですが、前々から事前に準備しておくことでそれぞれの銀行の傾向が見えてきます

余裕を持って金融機関の選択、事前審査に挑みましょう!!

それぞれの金融機関を比較することで、総支払額に約400万円もの差がでることもあります。賢く借りればさらに良い家が買えるかも?!

住宅ローンの支払い総額は比較の有無で決まる!


参考文献:日経新聞
2015年10月3日
銀行のリテール力、新生銀が初の首位 本社調査

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

2016年1月から住宅ローン金利はさらに下がる!金利以外にも差別化を図る金融機関が続出!

2年5ヶ月ぶりに、住宅ローンの金利を2016年1月から下げる金融機関が相次いでいます。これは私達にとっては朗報ですね!
======
変更後変動金利

  • 三井住友信託:0.625%→0.6%
  • 三菱東京UFJとみずほ:0.775%→0.625%

======

これにより、固定金利商品でも金利の引き下げや、他の金融機関も続々と金利を下げることになるのではいかと思います。

金利以外で差別化していることはないの?

住宅ローンはすでに低水準にあるため、金利以外の部分で消費者を惹きつけようとする動きも目立っています。

  • 三井住友銀行
  • →住宅展示場に自社の専用アプリを入れたタブレット端末を配備
    事前審査にかかる時間を大幅に短縮することを目的に、借入予定額などの必要事項を入力するとその場で融資可能額を回答。

  • りそな銀行
  • →高齢者向けの新型住宅ローンの取り扱いを開始。
    借り手の死亡時に物件を売却することでローンを返済する仕組みで、住宅ローンを契約しにくい高齢者の需要を取り込む。


    上記のような取り組みは、2017年に8%から10%に引き上がる消費税を見通し、駆け込み需要が本格化する際に、各金融機関が消費者を取り込みたいという意気込みがあるのではないかと思います。

    ※各金融機関一括比較・事前審査申込はこちら

    ただし、金利を下げると金融機関の採算が取れません。そのため、今後は金利だけではなく上記にもあるように、サービス自体をもっと充実化するような動きが書く金融機関で活発化してくるのではないかと思います。

    家を買いたいと思っている方、2016年はチャンスかもしれませんね!


    参考文献:日経新聞
    2015年12月29日
    タイトル:住宅ローン金利、最低続々 審査短縮などで競う

    わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
    あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

    住宅ローンを組みたい方、他社の借入状況は筒抜けです!滞納をしてることを隠しても必ずバレます!

    住宅ローンの他に借入がある場合、融資額が少なくなったり、審査に通らなくなることがあります。

    もし、「滞納したことを言わないでおこうかな・・・」なんて考えているのであれば、
    その情報は筒抜けですので正直に話しておいたほうがいいですよ。

    事前審査の申込時に嘘をついたとしても、全て筒抜けです!!

    なぜならば、「信用情報会社」といって、誰がいつ、いくら借りているか遅延していないか、滞納していないか、という情報を集約している会社が存在します。金融機関はここに問い合わせをして個人情報の同意書をとり、審査の判断に利用します。

      信用情報会社の種類

    • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
    • →銀行系

    • 株式会社CIC
    • →信販会社系

    • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
    • →消費者金融系

    信用情報会社から得られる情報とは?

    下記2つの情報を得ることが出来ます。

    1. 現在の借入や過去の遅延情報を得ることができる
    2. →延滞があったことがわかりますが、理由まではわかりません。

    3. 借入件数や借入れ額はだいたいの金額しかわからない

    やっておくべきこと

    • 借入事由と延滞に関してはしっかり把握し、延滞がある場合は必ず理由を述べること!
    • →リストラで払えなくなったことと、浪費で払えなかったのとでは結果に違いが出ます。

    • カードの枚数が極端に多い場合は解約をしましょう。

    金融機関は「浪費」「生活苦」「不誠実」を嫌います。

    嘘を付いても借入状況はバレますし、もし遅延などしている場合はその理由をしっかり述べましょう。

    大手銀行から審査に通りやすい金融機関まで!一括審査申込

    わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
    あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

    住宅ローンが払えなくなった場合の家や土地の担保評価はどうやって決まるの?金融機関で違う?!

    万が一ローンの返済ができなくなった場合、
    金融機関は買主の土地や家を競売してお金を得ようとします。

    そうなると購入した家や土地の評価が大事になってきます。

    家の評価額とはどのように決まるのでしょう。

    家の評価額はどうやって決まるの?

    担保評価額は時価とイコールと同じと思っている方がいらっしゃいますが、これは違います。
    まず、時価の評価方法には下記方法があります。

    1. 不動産鑑定士によって評価
    2. 路線価格などの公的価格によるもの
    3. 特殊な計算方法によるもの
    4. 不動産業者へのヒアリング
    5. 販売やチラシのレインズ

    戸建ての場合は土地の価格を評価するためを重視、マンションはを重視することが多いです。

    更に、建物の劣化等による値下がりや、競売を行う際にかかる費用なども担保評価から差し引きます。

    これは多くの金融機関で時価の7割〜8割で計算することが多いようです

    買主によって評価額は変わる

    年収や勤務先がいい買主ほど、柔軟に評価をしてくれることがあります。(特に銀行や公庫)

    例として、大手上場企業の社員に対し、担保評価額2500万円の物件に対し3500万円のローンが通った、などがあります。

    担保評価できない物件はある?

    A,あります。

    違法建築の物件、建築ができない土地や田畑、風俗店や暴力団の事務所が周囲にある不動産などは評価ができません。

    このような可能性がある場合は、そもそも融資対象になるか確認したほうが良いでしょう。

    どんな家を買えばいいかわからない、という方はこちらの記事を参考にしてみてください。
    →お金持ちになれる?!将来お金になる家の買い方

    住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイト

    わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
    あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

    住宅ローンには貸出制限がある!年収の◯倍までは融資してもらえる?いくらなら自分は借りられるの?

    貸出制限とは、「総額」「年収◯倍」「年齢」「耐用年数」「他借入」によって、融資額を制限することを指します。

    以下、それぞれご説明いたします。

    貸出制限の詳細を知りたい!

    • 総額について
    • 総額の制限とは、金融機関が貸し出しできるMAX金額のことです。
      個人向けの場合、都市銀行は1億円、信用金庫は6000万円までとしているところが多いようです。

      ※各社HPに記載されていますので、気になっている金融機関の金額を調べてみましょう。

      ノンバンクなどでは、支店決済できる金額が決まっていたりしますので、審査上いくらまでなら通りやすい、という金額もあるようです。

    • 年収◯倍
    • 年収7倍に限らず、年収の何倍まで、と融資上限を決めている金融機関が多いようです。5〜7倍が比較的多いようです
      これは、長い融資機関程返済リスクは高まると考えられるため、年収による制限を設けているのです。

      融資額は、予算の組み方部分で詳しく説明していますので、年収の5~7倍以上の借入を想定している方はこちらをご覧ください。
      住宅ローンを組む方必見!将来住宅ローンが払えなくなってしまうかも?!間違いやすい返済計画Part1

    • 年齢
    • 定年退職時の年齢前後に完済できる融資額、もしくは退職金で一括返済できる融資額を上限としている金融機関もあります。

      一般的には75歳〜80歳までに完済できるように上限を定めますので30歳でも40歳でも35年のローンを組むことが可能です。

      ただし、40歳の方は20年後〜25年後の返済まっただ中に定年を迎えますので、その時点で返済計画が立てられなければ融資額を抑える傾向があります。

      退職後、どのように返済していくのか予め考えておくといいでしょう

    • 耐用年数
    • 耐用年数制限は建物が利用できる期間を考慮した制限です。

      多くの金融機関が融資額、融資期間を決める際にこの耐用年数を考慮しています。

      実際に建物の寿命がわかるわけではありませんので、国税庁で定めた耐用年数を元にしています。
      国税庁の耐用年数表はこちら
      興味のある方は見てみてください。

      耐用年数から建築年数を差し引いた期間を上限融資機関とすることが多いようです。

      一部の金融機関では、耐用年数を超えた戸建ての場合、解体費や建て替え費がかかると判断し、融資額を減額するケースもあります

      例えば、築30年の木造住宅は、耐用年数20年を超えている為、建物評価額は0円、土地の評価額から解体想定費を差し引いた額を決定するケースもあります。

      中古物件はどうしても融資額、期間の審査が厳しくなりがちです。

    • 他借入
    • 「他借入制限」は、カードのリボ払いやオートローンなどの月賦払いの借入がある場合に、融資額の上限が減額される制限を指します。一括払いのローンはほとんど影響しません。

      具体的には、融資返済額の上限から、ほか借入の月返済額を差し引いて計算します。

      ======
      例)年収500万円の人がローンを月5万円返済している場合
      返済比率35%、審査金利3.5%、融資機関35年、100万辺りの月返済額が4132円とすると下記になります。

      月返済可能額=500万円×35%÷12ヶ月=145,833円
      減額後付き額返済可能額=145,833円−50,000円=95,833円
      融資可能額=95,833円÷4,132円×100万円=2,319万円

      ※融資可能額=年収×返戻比率÷1年÷審査金利
      ※審査金利には100万あたりの月額返済をあてます。
      ※オートローンの借り入れがない場合は3529万円です。
      ======

      また、ローンの残高がいくらであろうが関係ありません。そのため他借入制限を避けるには、一括返済か、完済まで待つしかありません。

      金融機関によっては、クレジットカードのキャシング枠があると一定割合を年間減災額に組み込んで融資額を減らす金融機関もあります

      1枚だけなら影響はないと思いますが、複数お持ちの方は大きく影響を受けることが考えられます。
      その場合はカード解約やキャッシング枠の減額を考えたほうがいいでしょう。

      消費者金融からの借入については、金融機関によっては審査自体NGとなる所もありますので、こちらも念頭に入れて審査申込をしましょう。

      この他借入による制限は避けることができる制限ですので、なるべく避けたいところです。

    金融機関によって審査の厳しさが違う

    ここを理解しているようで理解していない方が多いなと感じることが多々あります。

    これまでに何度か説明している、銀行、信用金庫、フラット35、ノンバンクなどそれぞれ審査基準が違います。

    詳細はこちら→住宅ローンは金融機関によって審査で重視するポイントはちがう!?銀行やJA、信託での審査の違いはなに?

    ただ、金融機関を1つ1つ詳細に見ていくのはかなりの時間と労力が必要です。

    そのため、一括で複数の金融機関に審査申込をするのが得策だと思います。

    要は、できるだけ安い金利で審査に通り、希望額の融資を受けることができれば良いのですから、複数申し込んで審査結果を待つ、というのが一番簡単な方法です。

    また、その人の年収や条件によっても金利は大きく変わります。自分の条件で金利を比較することがとても大切。
    下記サービスは自分の条件で金利が比較できるのでとてもオススメです。

    《自分の条件で金融機関を比較しよう!》
    自分の条件で金利を比較できるサービスはこちら

    わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
    あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

    住宅ローンの融資額はどうやって決まるの?金融機関をしっかり選べば融資額は増える!

    住宅ローンを組む時、もっと融資額が増えないかなぁと
    思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    融資額は、金融機関の選び方が肝です!

    融資額は「年収と返戻比率」「貸出制限」「担保評価」の3つの要素で考えられることが多いようです。
    下記、融資額の方程式です。

    融資可能額=年収×返戻比率÷1年÷審査金利
    ※審査金利には100万あたりの月額返済をあてます。

    詳細を見ていきましょう。

    融資可能額について

    • 年収
    • 手取りではなく額面の金額にて計算します。
      個人事業主の場合は申告所得となります。年商ではありませんのでご注意ください。

    • 返戻比率
    • 「年収のうちいくらまでなら住宅ローンとして支払うことができるか」ということです。
      簡単に言ってしまえば、住宅ローンの引き落とし分を給料から差し引いて問題なく生活ができる数値です。

      年収によって25%〜40%程度で変動する仕組みとなっており、年収が高いほど返戻比率は高くなります。
      (年収が高ければ返戻比率が高くても生活できると考えられるため)

    • 例:年収300万、返戻比率30%
    • 融資額=300万×30%=90万円(住宅ローン)
      年間生活費=300万円ー90万円
      月々生活費=210万円÷12ヶ月=17.5万円

    • 例:年収800万円、返戻率40%
    • 融資額=800万円×320万円
      年間生活費=800万円ー320万円=480万円
      月々生活費=480万円÷12ヶ月=40万円

    • 審査金利
    • 審査金利とは「将来における金利上昇の可能性を含めた審査上の金利」のことです。

      収入が変わらないことを前提に、将来金利が上がっても無理なく返済できるかどうかを見極めるための金利です。

      そのため、実際に借りる金利よりも高めの金利に設定されています。

      2015年12月段階での審査金利は3.5%〜4.5%くらいです。

      フラット35は全融資期間の金利が固定ですので、適用金利がそのまま審査金利となる場合もあります。

    • まとめ
    • 返戻比率が高く、審査金利が低い所程融資額が多くなり、反対に返戻比率が高く、審査金利が高い金融機関ほど、融資額は少なくなります。

      審査金利だけで考えると、フラット35や信用金庫のほうがより高い融資を受けられる可能性があります

      返戻比率と審査金利は金融機関ごとに定められている数値ですから、選択次第で変えることが出来ます。

    計算してみよう

    ♦ 方程式
    融資可能額=年収×返戻比率÷1年÷審査金利

    ====
    例)年収500万円、融資機関35年、返戻比率35%、審査金利3.5%の場合
    ※審査金利=月返済額×100万円

    審査金利3.5%で融資期間35年の場合、100万あたりの月返済額は金4132円
    (100万円を年利3.5%で35年間借りた場合の月々の返済額です。)

    融資額=500万円×35%÷12ヶ月÷4132×100万円=3529万円
    ====

    という計算になります。興味がある方は計算してみてください。

    ただし、この計算した金額が全額借りられるわけではなく、「貸出制限」により金額が減らされることになります。

    次回は貸出制限についてご説明いたします。

    結論としては、金融機関の選択次第で融資額は増やすことができる!ということです。

    《住宅ローンは金融機関で比較しよう!》
    住宅ローンの支払い総額は比較の有無で決まる!

    わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
    あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

    派遣社員や契約社員、勤続年数が短くても住宅ローンを組みたい!今まで住宅ローンの審査に通らなかった人も高確率で審査に通る?!

    派遣社員や勤続年数が短い方も、家が欲しいという方いらっしゃるのではないでしょうか?

    銀行でのローンは難しいかもしれませんが、現在は派遣社員や勤続年数が短い方などでも審査が通りやすい金融機関もあります。

    派遣社員・勤続年数が短い方が選ぶべき金融機関は?

    やはり、柔軟性の高いノンバンクを選ぶのが無難です。
    例えば、フラット35や楽天モーゲージ、トヨタファイナンスなどですね。

    ノンバンクは、返済出来なかった場合に回収する担保があれば審査の土俵にのりますので、あきらめずに審査してもらいましょう。

    借入があり、遅延があったり延滞している方も、担保があれば融資してくれる可能性があります。

    また、ネットバンクでも、審査に通りやすい金融機関があるので、一括審査申し込みをしてみると良いでしょう。
    下記サービスは審査が通りやすい金融機関とも提携しています。

    一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込

    フォームの入力に20分程、その後、アプリのダウンロードが必要となりますが、事前に入力していたものがアプリにインストールされますので、ダウンロードをしたらボタンを押すだけで申込ができます。

    わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
    あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!
    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.