離婚の慰謝料を払わないと言われたらどうしたらいい?!慰謝料と婚姻費用について理解しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚の話し合いをしていて、
相手方に慰謝料は払わないと言われるケースはよくあります。

逆に「離婚を切り出されて傷ついたからお前が払え!」なんて言われることも。

そもそも慰謝料とは何なのでしょうか。

慰謝料とはなんなのか?

慰謝料は「離婚を切り出したほうが払う」というのは間違いです。

そもそも慰謝料とはなんなのか?ということを確認しましょう!

慰謝料とは法律的には「損害賠償金」の一種です。

迷惑料や心の傷の代償と捉える方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

「故意または過失による侵害行為」がないと慰謝料は発生しません。

法律では下記のように定義されています。

生命、身体、自由、名誉、貞操などが不法に侵害された場合の精神的損害に対する損害賠償金

たとえ「離婚を言われて傷ついた、慰謝料を払え」と言われても(言っても)慰謝料は発生しませんよ!

ただし、本当に離婚をしたくて、「手切金」としてお金を渡すケースがあり、これを慰謝料と呼んでいる方がいるようです。

もし仮に、100万円払ってやる、と少額の額を言ってきたら?

もし仮に、「じゃあ100万払って別れてやるよ!」と言われた場合、
しっかり書面にしておきましょう。

ただし、少額の慰謝料で納得できるはずがありませんので、
「100万円で承諾した」という書面にならないように注意しましょう。

自分の押印やサインは絶対にしないでくださいね。

婚姻費用を請求しよう

もし別居することになり、あなたより相手方の収入が多い場合、婚姻費用を請求することができます。

婚姻費用とは「生活に必要なお金」のことです。

婚姻費用は相手方の収入にもよりますので一概に◯◯円もらえる、とは言えません。

婚姻費用は「扶養義務に基づく」ものです。
別居の理由を問わず、支払わなければなりません。

もし相手が「払いたくない」と言っても、調停を起こして給料の差し押さえができます。
※相手が無職等の場合、あなたが支払わなければならない場合もあります※

婚姻費用はいつもらえるの?
婚姻費用は相手の給料日に振り込まれるのが一般的です。

財産分与について

ご存知の通り、結婚後にためてきたお金や退職金、年金は財産分与の対象となります。

住宅ローンや車のローン、保険はなんの保険に入っているか、株はどうなっているか
しっかり確認しておきましょう。

離婚をするとなったら、相手が財産を隠してしまう可能性もあります。

また、離婚してから2年が経ってしまうと、
財産分与を主張できなくなります。

離婚の際に相手に請求できるのは慰謝料だけではありません!

慰謝料の正しい理解と、婚姻費用の知識をしっかり付けて、
今後の人生の計画を立てていきましょう!

慰謝料や婚姻費用は、傷ついたからもらう費用ではなく、
未来への支度金として捉えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.