離婚して住宅ローンが払えなくなったら任意売却をするのが賢い選択。引っ越し費用をもらえることも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンが払えない!という状況の場合、
まず家を売ることを考えると思いますが、
家は、売った価格よりも住宅ローンの残額が大きい場合、
売ることができません。

どうしても売りたい場合は、
住宅ローンの残高を全額支払わなければならないのです。

では、どうしても住宅ローンが払えない場合はどうしたらいいのでしょうか。

住宅ローンが払えなくなったら競売か任意売却

住宅ローンが払えなくなったら、2つの選択があります。

任意売却
任意売却とは、住宅ローンが残っていても不動産を売却する方法。

なぜ不動産を売却できるかというと、「債権者(お金を貸した側)もお金が欲しいから」なのです

債権者(お金貸した人)は、住宅ローンを払ってもらえないんじゃ、困りますよね。

でもローンが残っている家は売却できない。

しかし、ここで協力し合えば、家を売却できる!
というのが任意売却です。

任意売却は法律的な事が絡むため、専門業者に相談することをオススメします。

競売
競売とは、住宅ローンは自宅を担保にしていることがほとんど。

住宅ローンを払えなくなったら、
家が差し押さえとなり、競売に出されます。

競売で家が売れた場合、その代金を債権者(お金をもらう人たち)に分配されます。

1年間に競売で取引される家の数、なんと4万件〜6万件
それほどローンを支払えない方が多くいるのですね。

競売は裁判所が売り主となりますから、
誰でも買うことができます。

しかし費用が100万円くらいかかります。

任意売却をオススメする理由

競売は市場価格より安く取引されることがほとんど。
しかも時間もかかり、費用対効果がよくありません。
(およそ半年はかかるようです)

一方、任意売却は通常の不動産売却と変わりませんから、
市場価格で売れる可能性が高いのです。

ということは、あなたにとっても、お金を回収する側にとっても、
任意売却の方が良いわけですよね。

しかも!任意売却は引っ越し費用ももらえる可能性があります

引っ越ししてもらって、早く家を売ってしまおう!という思惑ですね。

実際に引っ越し代金200万円ももらった、なんていう方もいるらしいですよ。
ただし、今はもらえないことも多いようです。

残ったローンはどうなるの?

任意売却をしても、ローンが全額返済出来ない場合、
残額については話し合いになります。

経験がある専門業者や不動産会社ですとあなたの状況を把握した上で、
「毎月◯◯円でしたらどうですか?」と提案してくれるようです。

自己破産をする方もいるようですが、
8割の方は、毎月少額でも支払いをして
自己破産は避けているようです。

また、請求をしない、というパターンもあるため、
状況によって、その後の対応は様々のようです。

住宅ローンが払えなくなったら悩まず相談しよう!

住宅ローンが支払えなくなったら、
悩まずに専門家に相談することオススメします。

専門知識のある方に相談すれば、必ずいいアドバイスをくれるはずです。

任意売却は言ってしまえば通常の不動産売却ですから、
なにも恐れることはありませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.