返済計画が全ての土台!返済計画の立て方次第で未来が変わる!さらに金利を比較するだけで300万円以上の差がでます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローン
家がほしい!と思った時、まずどんな家にしようか考えますよね。

キッチンは広くしたい、トイレは男女分けたい、和室が欲しい!本当にワクワクします。

でもそれよりも大事なローンのこと、向き合うのはいつからにしますか?
ハウスメーカーに行くと聞かれること、まず予算です。

家を買う時、予算はどのようにお考えでしょうか?

まさか、

「現在の賃貸料金が12万円だから、そのくらいの金額であれば問題ないだろう」

なんて考えていないですよね?
将来、どれくらいのお金がかかるか、これまで考えたことはあるでしょうか?

  • 子どもの教育費は?
  • 私立の学校の場合の料金は?
  • 大学に入ったときの生活費はどうなる?
  • 親の介護の料金はどれくらい必要?

考えたことがない方は、これを機会にぜひ考えてみてください。
賃貸の場合、お金がないとなれば、引っ越しは簡単ですが、
家を買ってしまってはそうは行きません。

予算がきちんと立てられないことで、「後々の住宅ローンの支払いができない
という方、実はたくさんいらっしゃいます。

この予算、家を選ぶ前に考えることが本当に大事です!
「お金がないけど住宅ローン組めるのかな」と心配になっている方や、はたまた、「今の賃貸料が◯◯円だから、月々返済していけるだろう」「年収の5倍の借入だから通るだろう」「◯◯円毎月貯蓄できているから大丈夫」こういった考えでローンを組もうとしている方、様々いらっしゃると思います。

お金がないけど、たまたまローンを組めた家を見た目で判断して買ってしまった賃貸料金と変わらないから大丈夫だろう、そんな考えで買った家のローンが重くのしかかっている、払えなくて任意売却しました。そんな方がたくさんいらっしゃいます。

家を買う方は、生活スタイルが変わる事をきっかけに買うことが多いです。代表的なのは結婚。子どもが出来た場合の教育費は考えていますか?親の介護は?老後の資金は?

返済計画が、家を選ぶ時の全ての土台です。
家を決めてからでは遅いです!!

ここをしっかり組み立てて買う家を決めることができれば、購入直前になって「家を買ってよかったのかなぁ」なんて不安になることはありません。

返済計画だけはしっかり組み立てるようにしましょう。

住宅ローンを組む方必見!将来住宅ローンが払えなくなってしまうかも?!間違いやすい返済計画Part1


★予算の組み立ては置いておいて、とりあえず自分が申込資格がある金融機関があるのか知りたい、という方へ★

お金がなくても、自分の条件で、住宅ローンが組める金融機関で金利が比較できるサービスがあります。

こちらです。→住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイト

お金がなくて心配な方は、上記サービスに申し込む際、ネットバンクに目をつけてみましょう。

ネットバンクは金利が低い分、手続きは自分で行わなければなりませんが、審査に通る可能性は高まります。

「え?審査申込?やっても大丈夫?」と思う方もいらっしゃると思います。

大丈夫です

審査に申し込んだからといって、必ず組まなければならないということはありませんし、なにより、自分が組める金融機関を知ることができ、かつ自分の条件で金利の比較ができるので、特許も取得している、とても便利なサービスなのです。

このサービスは、自分の情報や借入希望額など諸々の条件を入力後、実際に金融機関の比較をするために、アプリダウンロードが必要です。

少々手間はかかりますが、念願のマイホームを手に入れるための第一歩です!頑張りましょう!
そして、実際に借りる際は、予算の組み立てはしっかり行ってくださいね!



資金計画は万全!金融機関を選ぶときまず何をしたらいい?

次に、金融機関の選び方についてです。
住宅ローンは初めて組む方がほとんどのため、
ハウスメーカーの言いなりになっている方が多いようです。

データでは、6割以上がハウスメーカーに勧められた金融機関を利用しているようですね。

しかし、金融機関はしっかり比較してください!
金利が0.1%違うだけで、支払い額に50万円もの差がでるのです。

さらには団信のサービス内容も違いますし、
自分の条件だったらこの金融機関では審査に通りやすい、通りにくい、ということも、傾向でわかります。

住宅ローンは「事前審査」と「本審査」があります。

この事前審査に通れば、本審査はほとんど問題なく通ります。
そのため、大切なのは事前審査なのです。

また、借りる上でよく言われるのは金利の比較ですね。確かに金利の比較は大事です。

タイトルどおり、300万円も節約できる可能性があるくらいです。

300万もあったらどうしますか?車が買えますよね!他にも子どもの学費資金に出来たり、旅行を考えたり。

金利だけでこんなに差が出るんです。

本当に300万円も違う??

住宅ローン疑問そんな声が聞こえてきそうなので、例を挙げてみましょう。

例えば、3000万円を30年間借り入れる場合の金利を比較してみると、金利が0.1%違うだけで、約50万円の差がでます。
=====

  • 金利1%の場合・・・合計34,736,760円の返済が必要
  • 金利0.9%の場合・・・合計34,243,200円の返済が必要

※毎月返済額が一定の、元利均等法で計算しています。
=====

今、住宅ローンの金利はとても安く、平均の銀行金利は約0.9%、これに保証をつけて1.1%くらいになります。(銀行は何でも保証が付きますね)

ネットバンクはなんとこの半分の0.5%くらいです。
(2015年12月現在)

これで先ほどの計算に当てはめると、なんと約300万円も違います

=====

  • 銀行から1.1%で借り入れた場合・・・35,235,360円
  • ネットバンクから0.5%で借り入れた場合・・・32,312,160円

※毎月返済額が一定の、元利均等法で計算しています。
=====

恐ろしいですよね、、

住宅ローンは難しい、というイメージが先行して、不動産会社や銀行のいいなりになりがちですが、しっかりと知識を身につけてきちんと比較しましょう!!

住宅ローン理解

不動産と提携している銀行では、特別に金利を低く貸してくれることが多いです。

ただし、ハウスメーカーの営業マンは、自分達が提携している金融機関のことしか知らないことが多く、かつ、後々金利が高くなることもあります。

そういったところも考えながら、自分にはどの金融機関のローンが合うか、しっかりと検討しましょう。

繰越返済や借換について

30年くらいの期間でローンで借りる方が多いと思いますが、平均15年〜20年で返済し終わっているというデータからも、みなさん早め早めに返済していることがわかります。

収入が多くなった、子どもが巣立って余裕が出来てきた。色々な要因があると思います。ということは、みなさんも繰り上げ返済の可能性が十分にあるという事です。

これに手数料とられるって、馬鹿らしい・・しかも、借換をするにも手数料・・・

後々の繰上返済借換も頭に入れてみてくださいね。
※銀行は繰上返済・借換ともに手数料が発生します。

最安の金利は比較はできるが、審査に通るかどうかは実際に申し込まなければわからない

住宅ローンの金利の比較サイトはたくさんありますが、その金利、適用される可能性が低いことをご存知でしょうか?

金融機関が打ち出している金額は最低金利です。
最低金利とは、大手企業に勤めている方や公務員の方が適用される金利と考えておきましょう。

適用される金額というのは、年収や勤続年数などによっても変わってきます。

自分がいくらの金利が適用されるか?というのは、
実際に住宅ローンを申し込んで審査をしてみなければわからないのです。

「うちは必ずローンの審査には通る!」という自信がある方以外、ただ金利を比較しても、審査に通らなければ意味がありません

詳細はこちら→住宅ローンはパンフレットの金利を比較するだけでは意味がない!自分の条件で適用される金利は人それぞれ違います!

そのため、複数の金融機関に申込することをオススメします。

年配の方の中には、「複数に申込をすると、借りられないから複数に申し込んでいると思われて、落ちる可能性が高くなるから1つに絞りなさい」という方もいらっしゃいますが、これは都市伝説です。

銀行側で見るのは、

  • 「現在他にも借入をしているか」
  • 「過去に返済が滞っていたことはないか?」

ということです。

他社で審査に落ちたかどうかなんて見ていません。

でも・・・色々な所に一回ずつ申し込むのは面倒!

おっしゃるとおりです。住宅ローンの審査に必要な書類は書くのに時間がかかり、それを金融機関ごとに書くというのはとても骨が折れる作業です。

色々なサービスを調べた結果、一括で審査に申し込めるサービスがありました。

住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイト

このサービスは一度の入力で、複数の銀行ネットバンク自分の条件で複数社と比較することができます。
(審査したい金融機関はご自身で選ぶことができますよ)

よくインターネットやCMで見る金利は、最安値の金利。自分の条件を当てはめると、実はドーンと高くなることが多いのです。

ネットバンクは金利が安くオススメですが、やはりネットバンクはまだ信用できない、という方もいらっしゃると思います。

大手のみずほ銀行地銀ネットバンクと提携しており、銀行、ネットバンクの比較ができて大変オススメです。

もちろん、どこかに絶対申し込まないといけない、なんてことはありません。

入力後、アプリのダウンロードが必要です。(アプリから申込を行います)

♦私も実際に申し込んでみました♦
はじめの入力フォームは15分くらいかかりましたが、これで複数の審査機関に申し込めるのであれば短いもんです♪
住宅ローン申込画面
このフォームを入力後、アプリのダウンロードが必要となり、アプリから各金融機関に申し込む、という流れとなります。

♦試した感想♦
個人的な意見ですが、私はこれで金利の比較もでき、どこに申し込むかじっくり考えることができてとても役立ちました。もちろんハウスメーカーの提携ローンとも比較しました。

わたしの場合、旦那の会社でネットバンクの口座がありました。住宅ローンは借入する銀行への給与振込が必須となるため、ネットバンクでも良いのですが、ちょっと不安だな、と感じる点もありました。

でも、こうやって比較してみると、やはり、ネットバンクは金利が安い!主婦の目線からすると、何百万も節約できるのはかなりありがたい・・

しかも、窓口に行く必要がないため旦那が会社を休んで契約しなくてもいい!これは忙しい旦那には利点です。

ハウスメーカーの営業マンにローンのことを色々聞いてみたのですが、ハウスメーカーの営業マンって、自分が提携している金融機関の知識しかないことが多いのです。

インターネットバンクの事を聞いてみても、曖昧な答えでよくわからない。

このサービスで比較することでなんだかローンがとても身近なものに感じ、不安も無くなりローンを組む事に前向きになりました!

比較をすると、今まで知らなかったこと、見えなかった物が見えてくるようになるので是非試してみてください。その後、申込むか申し込まないかはアナタ次第です。

住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイト

金融機関によっても、審査が通りやすい、通りにくいという違いがあります。
詳細はこちらを御覧くださいね。
住宅ローンは金融機関によって審査で重視するポイントはちがう!?銀行やJA、信託での審査の違いはなに?

なぜネットバンクは金利がこんなに安いの?

ネットバンクは銀行のように窓口がありません。その為人件費が節約できます。

さらに、ローンの審査の為の必要書類を自らが書く必要があるのです。そのためこんなに差がでるのですね。確かに面倒です。

でも、住宅ローンを組むのはそもそも面倒なんです!後々300万円も差がでるなら、初めに苦労しましょう!

下記、銀行とネットバンクのメリット・デメリットをまとめました。


■銀行でローンを借りるメリット

  • 安心感がある
  • 手続きを行ってくれる
  • 窓口で相談できる

デメリット

  • ネットバンクに比べると金利が高い
  • 後々、繰り上げ返済をする際に手数料がとられる
  • 将来違う銀行に借換を考える場合も手数料がとられる

■ネットバンクのメリット

  • 金利が安い
  • 繰り上げ返済の手数料がかからない
  • 借換をする際も手数料がかからない

デメリット

  • 手続きを全て自分で行うため時間がかかる
  • 事前審査が1ヶ月半くらいかかる

仮審査の期間はどれくらいかかるの?いつまで通ればいいの?

買う土地や家、マンションを決定してから◯日までにお支払いください、という納期があります。土地の方が納期が早いようですね。

この納期までに仮審査が通らなければ土地も家も買うことは出来ません。

仮審査には平均して1週間〜2週間かかることが多く、ネットバンクなどは1ヶ月〜2ヶ月かかる住宅ローンもあることをお忘れなく!

ネットバンクを検討している方は早くからの準備が必要ですよ!
住宅ローン仮審査

仮審査に落ちるとどうなる?

仮審査に落ちると当然、違うローンに申込み、また審査結果を待つことになります。

果たして再度審査をして納期に間に合うでしょうか?

仮審査は必要書類が多く、記入項目も多いため、1箇所にしか申し込まないケースが多いようです。

上記にもあるように、複数社に申込をしておくことでリスクヘッジとなります。

特許取得の一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込サービスはこちら

まとめ

では、住宅ローンを組む際の流れをおさらいしましょう。

  1. 予算を決める
  2. 家の目星を付ける
  3. 自分の条件で金利を比較、仮審査申込
  4. 通った金融機関サービスの違いを確認・検討
  5. (団信や手数料などを比較・検討)

このサイトでは、住宅ローンに関する様々なお得情報を掲載しているので、ぜひ、色々なページを見てみてくださいね!

満足できる家、ローンを組めることを祈っております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.