衝撃!妻の不倫が原因で離婚したい。離婚するために考えておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信じたくないけども、妻の不倫が原因で離婚したい、と考える男性は増えています。

なぜなら、女性の不倫はここ12年の間に、3倍にも増えているから。

調査によると、過去女性の不倫の割合は1桁だったのですが、
現在は約20%の女性が不倫をしているという調査結果があるようです。

10人に2人は不倫している計算になります。

では、妻の不倫で離婚したい場合、どういった手順で離婚を進めていけばいいか説明致します。

妻の不倫が原因で離婚したい場合に考えておくこと

妻の不倫が原因で離婚したい場合に考えておくことは、
財産分与、親権(子どもがいる場合)、養育費(子どもがいる場合)、慰謝料についてです。

ではまず、財産分与についてご説明します。

◯財産分与ってなにが対象?
財産分与の対象になる財産ですが、
これは結婚してからできた財産が対象となります。

具体的には下記です。

・現金、預金(へそくり含む)

・土地、家などの不動産

・保険

・家財道具、電化製品

・退職金、年金

・車

また、もちろん負債も分与となります。

例えば、車のローンや家のローンなどです。

◯財産分与の対象とならないものはあるのか?
財産分与に含まれないものは下記となります。

・相続
・贈与
・服・アクセサリー・バックなどの日用品
・別居している場合、別居後に作った財産

◯財産分与はどうやって決めるのか?
財産分与の方法は4つあります。

1、通常の財産分与(清算的財産分与)
財産をすべて2分割にするという方法です。

決まりとしては財産形成への貢献度に応じて分配が決まることになっていますが、
現代では基本的に2分割となることが多いよです。

2、慰謝料と相殺するパターン(慰謝料的財産分与)
慰謝料が発生する場合、財産分与で慰謝料分を相殺するパターンです。
比率は慰謝料の金額によります。

3、相手方の生活を維持するための財産分与
奥さんが専業主婦の場合、財産を単順に2分割してところで、
相手方の生活に支障が出ることが多々あります。

「自分の不倫が原因なんだから」

と思う方も多いのですが、財産分与には離婚の原因は関係ありません。
慰謝料で請求することになります。

4、婚姻費用を払っていない場合の精算
結婚生活中に婚姻費用を払っていない場合、
(例えばあなたが生活費などを払っていなかった場合はその分があてがわれる可能性があります)

慰謝料はいくら請求できるの?

慰謝料とは、不倫によって被った精神的苦痛代となります。
明確な基準はありません。

そのため、慰謝料を請求するかどうかはあなた次第となります。

慰謝料は100万円〜300万円の間で請求できることが多いようです。

ただし、相手方に支払う能力がなければ、慰謝料を払うことはできませんから、
請求することができません。

慰謝料を請求するには、しっかりした証拠がなければ請求できません。

また、妻の不倫相手にも慰謝料は請求できますよ。
(時効は不倫を知ってから3年)

参考:旦那(妻)の浮気・不倫が発覚!!旦那と浮気相手に慰謝料を請求できる場合とできない場合の違いは?

親権や養育費はどうなるの?

親権についてですが、基本的に母親に親権が行くことが多いです。
8割は女性に行くと考えていいでしょう。

父親が親権を獲得できるには、下記の条件を満たす必要があります。

・妻の育児に致命的な問題がある
→虐待や暴力など

・父親がメインで子育てをしている場合
→女性に親権が行くことが多い理由として、
日本は家事・子育てが妻で、仕事が旦那、という場合が多いためです。

これが逆のご家庭は父親側に親権が渡る可能性が高くなります。

・別居している場合、父親と一緒に住んでいる場合
→現段階で別居をしていて、かつ、子どもも父親と住んでいる場合、
親権は父親に行くことがあります。

最低でも半年~1年は住んでいる実績が必要です。

・子どもが父親と暮らしたいと言っている場合
→15歳以上の子どもが父親と暮らしたいと言っている場合は、
父親に親権が渡る可能性が高くなります。

養育費はどうなるの?
養育費は父親が払うもの、と思っている方も多いのですが、
養育費は女性も払う必要があります。

そのため、親権が父親にいったからといって、
母親が養育費を払わなくてもいいというわけではありません。

養育費の算定表は下記となります。
養育費の詳細はこちら→子どもの養育費はいつまでどれくらいもらえる?大学進学の学費はどうしたらいい?

まとめ

妻が不倫したことにイライラしたり、落ち込んだり、
感情的になって会話もしない、目も合わせない、という方もいらっしゃるかもしれません。

離婚を考えているのであれば、
感情的になるよりも、将来、明るい未来にするにはどうしたらいいのか、
考えてみましょう。

離婚は幸せになるための通過点です!

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.