旦那(妻)の浮気・不倫が発覚!!旦那と浮気相手に慰謝料を請求できる場合とできない場合の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旦那(妻)の浮気が発覚した!!

怒りと同時に、どうしたらギャフンと言わせられるか?
ということで頭がいっぱいになると思います。

または、離婚しか考えられない方もいらっしゃるでしょう。

そんな時、思い浮かぶのは慰謝料ですよね。

相手方の浮気で慰謝料が請求できる場合と
できない場合があるってご存知ですか?

今回は相手方の浮気の慰謝料についてご説明いたしましょう!

旦那(妻)の浮気が発覚!浮気相手にも慰謝料を請求できる?!

旦那(妻)の浮気が発覚した場合、旦那(妻)はもちろん、
浮気相手にも慰謝料は請求できます。

しかし、慰謝料の請求には条件があります。
慰謝料が請求出来ない場合はどういった場合なのでしょう。

すでに夫婦関係が破綻している場合

すでに夫婦関係が破綻していて、別居をしている場合、
別居後の浮気については慰謝料の請求はできません。

同居してる場合でも、家庭内別居など、夫婦関係が破綻しているとみなされた場合は
慰謝料の請求が難しくなります。

結婚していることを隠して浮気していた場合

旦那(妻)が既婚者だと告げずに浮気していた場合、
浮気相手に対して慰謝料を請求することは難しくなります。

ただし判例では、知らずに不倫していた場合でも、
確認不足だとして、慰謝料の請求を認められた場合があります。

諦める必要はありません!

一度きりの浮気だった

一度きりの浮気というのは、慰謝料が見込めないことが多いようです。

慰謝料が請求できる浮気としては、
何度か会っている形跡があったり、
そういった証拠の提出が必要。

なかなか難しいですが、探偵を利用してみる、というのも手。
旦那の浮気を調査するには探偵事務所を利用すべき?ゆかりの浮気探偵事務所利用実録!

旦那(妻)の浮気相手への慰謝料はどれくらいになるの?

こちらもケースバイケースですが、
だいたい100万円〜300万円となることが多いようです。

しかし、20万円という方もいらっしゃったりと、
ケースによって大きく変わってくるようです。

まとめ

相手方の浮気が発覚した場合、しっかり証拠を残しておきましょう。

メールはもちろんですが、クレジットカードの領収書、写真など、
怒りに任せて消去したり、携帯を壊してはいけません!

また、慰謝料の請求は夫婦関係が破綻していないことが条件となりますから、
夫婦関係が破綻していないことを示す物があれば尚良です。

また、本当に離婚したい場合、ギャフンと言わせて離婚するのは、
後々面倒なことになりかねませんから、ここは一つ、大人になって
(もちろん、慰謝料はしっかりもらって)
円満離婚することをオススメします。

円満離婚をする方法は心の整理をすること!過去の反省と未来への希望があればいい結果に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.