子どもの養育費はいつまでどれくらいもらえる?大学進学の学費はどうしたらいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慰謝料の支払いは何歳までにいくら払うか、ということは、
法律で決まっているわけではありません。

相手方の年収や資産状況によって変わってきます。

いつまでいくら払うか、しっかり相手方とすり合わせをする必要があります。

「相手と話なんかしたくない!」という方、
円満離婚のメリットはたくさんありますよ。

詳しくはこちらを御覧ください!
離婚して子どもの養育費がもらえるのは5人に1人。円満離婚の秘訣は相手の気持ちを考えること!

◯養育費はいつまで支払う?
「一般的には子どもが経済的社会的に自立するまで」とされています。

しかし、経済的社会的に自立するというのはいつなのでしょうか?

  • 20歳になったら?
  • 就職したら?
  • 就職とはアルバイトも含む?

アルバイトやフリーターは経済的に自立しているか?
と言えば、そうではないことがほとんどです。

いつの時点で自立したかというのは、実は難しい問題です。

実際には、下記の4つの中から選択する方が多いです。

  1. 満18歳で迎える3月まで(高校卒業まで)
  2. 満20歳になる月まで
  3. 満20歳で迎える3月まで
  4. 満22歳で迎える3月まで(大学卒業まで)

いつまで支払うのか、しっかり相手方とすり合わせをしましょう。

◯養育費はいくら支払う?
養育費の平均は、子どもが1人の場合3万5438円、2人の場合は5万円程のようです。

この数値は、夫婦間で決まらない場合、家庭裁判所が金額を定める時の目安ですので、
実際は生活実態を考慮して決めていくことになります。

しかし、この金額で子どもを大学に行かせることは可能でしょうか?

選択が限られる可能性がとても大きいですよね。

もしお子様が小さい場合、大学の進学はずっと先ですから、
「その時になったら考える」という方もいらっしゃいます。

しかし、何年も後に話し合いをして学費を決めることはできるでしょうか?

そういった場合、公正証書を使って強制執行できるような学費の取り決め方があります。

学費については下記3つから選択される方が多いですよ。

  1. 子どもの進路が決まった時点で学費の5割を相手方に負担してもらう。
  2. 一定の金額を決めて負担してもらう方法。
  3. ボーナス時期(年2回)のみ通常の養育費に加算して受け取る方法。

細かく見ていきましょう。

  1. 子どもの進路が決まった時点で学費の5割を相手方に負担してもらう。

この方法は金額が決まっていないので強制執行ができない、というデメリットがあります。

さらに、割合負担ですので、領収書や学費の明細を提示する手間がかかります。

服代、本代、かばん等、子どもにかかった費用をすべて提示する必要があります。

この方法は、面会などの交流が頻繁で、相手方が再婚していない、関係が良好な場合にオススメの方法です。

もし相手方が再婚してしまった場合、きっと再婚相手から
ギャアギャア言われる可能性がありますよね。

その場合、すんなり学費の50%を支払ってくれるか微妙なところがあります。

  1. 一定の金額を決めて負担してもらう方法。

この方法は金額だけ取り決めておく方法です。
例えば、1年目は50万、2年目以降は60万、という具合です。

この場合、金額だけの取り決めですから、実際に100万円かかったとしても、
取り決めた金額しか受け取ることができません。

こちらは金額があらかじめ決まっている為、強制執行が可能です。

  1. ボーナス時期(年2回)のみ通常の養育費に加算して受け取る方法。

ボーナス時期に通常の養育費に加算していくらか支払ってもらう方法です。

そのため、ボーナス時にもらったお金をあなたがコツコツ貯金していく必要があります。

子どもが小さければもらう期間も長くなりますから、
それなりの金額が貯まることが期待できます。

相手方としても一度に何百万も支払う必要がありませんから無理がありません。

3つの方法があるということを頭に入れ、相手方と話し合いで決めましょう。

◯児童扶養手当が出るから養育費は下がる?
母子家庭になると児童扶養手当がでます。

その為「養育費は下げるべき」ということを言われる可能性があります。

しかし、児童扶養手当をもらっているからと言って養育費を減額されることはないのでご安心を!

児童扶養手当2条3項には「児童扶養手当の支給は、婚姻を解消した父母等が児童に対して履行すべき扶養義務の程度又は内容を変更するものではない」と定められています。

◯親は未成熟子に対して自分の生活水準を下げてでも子どもの生活を保障しなくてはならない
親は、経済的、社会的に自立していない子どもに対して、
「自分の生活水準を下げてでも自分と同程度の生活は子どもに保障しなくてはならない義務」
があります。

その為のお金が「養育費」です。

しかし、法律上は20歳に達すると親の親権は消滅します。
子どもが単独で有効な法律行為がすることができるのです。

ということは、20歳に達する大学進学費用は、しっかり離婚時に決めておくことが重要になります。

◯まとめ
養育費はしっかり相手方といつまでいくら支払うのか、すり合わせをしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.