妻と離婚したいけど、どうしたら納得してもらえる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妻と離婚したい・・・。

理由は様々だと思いますが、妻と離婚したい場合、
どうやって妻を納得させるか、、、。

今回は離婚をするための理由について、考えてみます。

妻が離婚を納得しない理由

妻が離婚に納得しない理由は、各家庭によっても様々かと思いますが、
心情としては、人間ですから大体同じです。

・なぜ離婚したいのか理由がわからない
・世間体
・離婚に応じたら負けの気がする
・離婚後の生活が不安
・離婚しないという嫌がらせ
・子供がいるから

大抵、上記のいずれかに該当するかと思います。

では、具体的にどうやって説得するのがいいのでしょうか。

妻を説得するにはどうしたらいい?

まず、当然ですが、話し合いの場を設けることが大切です。

話し合いの時は、感情的にならず、
冷静に話し合うようにしましょう。

あなたが感情的になると、
「あ、今の感情だけの勢いだな」と思われてしまう可能性がありますし、
感情的になると、些細な事で喧嘩してしまい、
肝心の離婚の話が進まなくなることがあるためです。

また、話し合いでは、妻が、本当は離婚したいと思っているのか、
もしくは本当に離婚したくないのか、見極めることが必要です。

話し合いの内容

話し合いの内容としては、まず、離婚後の生活の不安と、
「負け」を感じさせないことが大切です。

そのため、離婚後の生活について、妻に「大丈夫そうだな」と思ってもらえるよう、
住んでいる家を妻のものにしたり、子どもがいるのであれば、
養育費を少し多めにしたりすることを検討しましょう。

養育費について:子どもの養育費はいつまでどれくらいもらえる?大学進学の学費はどうしたらいい?

話し合いや有利な財産分与でも納得してくれない場合

有利な財産分与でも納得してくれない場合は、
一旦、別居を提案してみましょう。

別居をすることで、離婚を検討してくれやすくなったり、
もし裁判になったとしても、別居の理由があると、離婚事由になる可能性があるためです。

ただし、裁判となると、しっかりした離婚事由がないと離婚しずらいため、
できるだけ当事者間の話し合いで離婚できるのがベストです。

ギクシャクした生活をしてみる

話し合いを一旦あきらめて、ギクシャクした生活を送ってみましょう。

ギクシャクした生活でストレスを感じ、
離婚に納得してくれるかもしれません。

また、ギクシャクした生活とはいえ、
生活の中で相手が冷静に物事を考えられることができる可能性があります。

子どもが離婚の壁になっている

子どもが離婚の壁になっている場合、
本当に今の生活での子育てがベストか、冷静に考えてもらう必要があります。

参考:「子供のために離婚しない」は正しい?離婚について子どもはどう思うか?

両親がギクシャクしたまま子育てをすることが、
本当に子どものためになるのかどうかを、じっくり話し合いましょう。

離婚調停を検討する

離婚調停は、裁判とは違い第三者を交えての話し合いとなります。

参考:離婚調停って何をするの?流れと回数、金額は?不成立だった場合のその後は?

ただし、調停をしたからといって離婚できるかと言ったら、確実ではありません。

調停をする場合は、調停委員に自分の離婚の意思が固いことをしっかり伝えることが大切です。

妻に致命的な離婚事由がある場合は証拠を用意する

妻の不倫や、重大な精神的な問題、DV、モラハラなどは、
しっかり証拠を持っておくことが大切です。

証拠があれば、調停で離婚ができなかった場合でも、
裁判で離婚できる可能性が高まります。

参考:性格の不一致、セックスレス、別居は離婚事由になる?相手が離婚に同意しない場合に必要な5つの事由とは

まとめ

妻が離婚に納得してくれない場合、妻の立場に立って、
何を考えているか、理解することが解決への近道です。

女性は感情的になりやすいですから、
そこに惑わされず、冷静に、そして固い離婚の意思があることを伝えましょう。

また、表面的にいい人になっても、
感情を逆なでするだけです。

例えば・・・
「自分と離婚した方が、君は幸せになれると思う」

こんな言葉は慰めにもなりません。

表面的な言葉ではなく、本心で向き合うようにしましょう。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.