妊娠中の離婚、親権はどっち?生活費、養育費はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠するとホルモンバランスが崩れ、精神的に不安定になり、離婚をするケースや、
妊娠中に男性が浮気して離婚に至ることも多々あります。

今回は妊娠中の離婚について、調査しました。

妊娠中に離婚したら、親権はどっち?

妊娠中に離婚が成立した場合は、原則として親権は母親となります。

離婚成立が長引いて子どもが生まれた場合は、
当然、親権は両親にあるので、親権の決定や、
苗字変更の手続きなどをする必要が出てきます。

子どもの戸籍はどうなるの?

離婚届けを受理してから、300日以内に生まれた場合は、
嫡出子となり、戸籍上では、父親の名前が記載されます。
(親権は原則母親です)

しかし、300日が経過してから生まれた場合は、
非嫡出子となるので、母親の戸籍に入ることになります。

そのため、相続などが対象外となり、養育費を請求できない可能性があるのです。

ですから、父親として認知してもらう必要があるのです。

養育費はどうなる?

妊娠中に離婚したとしても、養育費はもちろん請求可能です!

養育費は親権を持たない親に対して請求できますので、
非嫡出子でなければ、養育費の請求は可能です。

養育費は裁判でも請求可能です。

もし、非嫡出子となる場合、認知してもらえるかどうか、からの問題ですので、
弁護士に相談しながら対応したほうがいいでしょう。

心配しすぎは子どもへの影響にも悪いです!

情報社会となり、妊娠中の離婚、とインターネットで検索すると、
たくさんのサイトが出てきます。

その中には、

「子どもを1人で育てていけるのか?」
「離婚しか選択肢はないのか?」
「金銭的な問題は?」

といった、不安を煽るような記事がたくさん出てきます。

特に金銭面については、確かに心配かもしれません。
でも、大切なのは、「自分がどうしたいか」をしっかり判断することです。

ハッキリ言って、その気があれば、子どもは1人でも育てられます。

今は3人に1人が離婚する時代です。

片親で子どもを育てている方は実際にいらっしゃるし、
マイホームまで購入した人だっているし、
参考:シングルマザーでも家を買うことが収200万円以下でも家を買う方法
自分が離婚したいと思うのであれば、離婚してもいいんです。

離婚は、不幸なことでもなんでもありません。

それよりも、愛情がないまま離婚しないで一緒に過ごしている事が
子どもへどういった影響を与えるのか、
自分が納得しない選択肢を選んだとき生活が、子どもへどう影響するのか?

あなた自身のストレスはどうなのか?のほうが、よっぽど心配です。

離婚しなければ、子どもは幸せになる、のでしょうか?

アレコレと離婚しない理由を自分で作っているなぁ、と感じるなら
「本当は自分は離婚したくないのかな?」と感じる事もあるでしょう。

そうであれば、離婚しない選択肢を考えれば良いのです。

親が不安定になると、子どもも不安定になりがちです。

本当に子どもが大切なのであれば、
アレコレ心配するよりも、自分がどうしたいのか?を
しっかり見極めることが大切なのではないでしょうか。

まとめ

妊娠中の離婚は、実際に子どもが生まれたからの手続きよりも簡単なケースが多いようです。

あまり深刻にならず、
自分の幸せが、子どもの幸せにつながることを忘れないでくださいね。

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.