住宅ローンを組みたい方、他社の借入状況は筒抜けです!滞納をしてることを隠しても必ずバレます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンの他に借入がある場合、融資額が少なくなったり、審査に通らなくなることがあります。

もし、「滞納したことを言わないでおこうかな・・・」なんて考えているのであれば、
その情報は筒抜けですので正直に話しておいたほうがいいですよ。

事前審査の申込時に嘘をついたとしても、全て筒抜けです!!

なぜならば、「信用情報会社」といって、誰がいつ、いくら借りているか遅延していないか、滞納していないか、という情報を集約している会社が存在します。金融機関はここに問い合わせをして個人情報の同意書をとり、審査の判断に利用します。

    信用情報会社の種類

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • →銀行系

  • 株式会社CIC
  • →信販会社系

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • →消費者金融系

信用情報会社から得られる情報とは?

下記2つの情報を得ることが出来ます。

  1. 現在の借入や過去の遅延情報を得ることができる
  2. →延滞があったことがわかりますが、理由まではわかりません。

  3. 借入件数や借入れ額はだいたいの金額しかわからない

やっておくべきこと

  • 借入事由と延滞に関してはしっかり把握し、延滞がある場合は必ず理由を述べること!
  • →リストラで払えなくなったことと、浪費で払えなかったのとでは結果に違いが出ます。

  • カードの枚数が極端に多い場合は解約をしましょう。

金融機関は「浪費」「生活苦」「不誠実」を嫌います。

嘘を付いても借入状況はバレますし、もし遅延などしている場合はその理由をしっかり述べましょう。

大手銀行から審査に通りやすい金融機関まで!一括審査申込

わたしが実際に不動産売却をして、500万円も差が出たサービスはこちら!
あなたの不動産いくらで売れる?今すぐ無料でチェック!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.