【2015年】住宅ローンのリテール力ランキングは新生銀行が1位!住宅ローン人気金融機関ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月、銀行のリテール力調査がありました。
リテール力とは小口の取引のことです。

個人向けの商品ということですね。
早速、ランキングを見ていきましょう。

銀行のリテール力調査ランキング

調査員が直接店頭に出向き、商品内容はもちろん、接客態度、商品説明、説明能力などからランキング付け。

1位(12) 新生銀行
2位(4)  三井住友
3位(-)  イオン
4位(36) スルガ(静岡)
5位(5)  みずほ
6位(11) 埼玉りそな
7位(48) 広島
8位(1) りそな
9位(30) 近畿大阪
10位(37) 常陽(茨城)

※()内は去年のランキングです。

新生銀行1位の理由は?

  • 新生銀行病児保育や家事代行がついた住宅ローンが1位の理由。接客態度も日頃から改善に取り組んでいたことも評価につながったようです。
  • イオン銀行は今年初参戦。ショッピングモールの中に店舗があり、原則365日、9時〜21時までの営業という利便性が3位の理由です。
  • スルガ銀行は昨年36位から大きく順位を上げました。これは住宅ローンだけでも35種類、フリーローンでは53種類という品揃えが豊富なことが理由。

今回は地銀が上位に組み込まれていることが特徴で、地域に密着した接客が好評の要因のようです。

2016年はどうなる?

2016年は金利が更に下がり、商品内容自体が益々充実してくることが予想されます。住宅ローンは納期もあり焦りがちですが、前々から事前に準備しておくことでそれぞれの銀行の傾向が見えてきます

余裕を持って金融機関の選択、事前審査に挑みましょう!!

それぞれの金融機関を比較することで、総支払額に約400万円もの差がでることもあります。賢く借りればさらに良い家が買えるかも?!

住宅ローンの支払い総額は比較の有無で決まる!


参考文献:日経新聞
2015年10月3日
銀行のリテール力、新生銀が初の首位 本社調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却で役立った一括無料査定はこちら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.